SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

『THE MATCH 2022』対戦カード発表会見で流血沙汰の大乱闘!那須川天心vs武尊のドリームマッチを実現するた

 22日、都内某所にて『THE MATCH 2022』についての記者会見が行われ、“RISEvsK-1”の豪華対抗戦が8試合発表された。



『THE MATCH』は那須川天心vs武尊のドリームマッチを実現するために創設されたメガイベント。


K-1プロデューサーの中村拓己氏、株式会社ドリームファクトリーワールドワイド代表の榊原信行氏、RISE代表の伊藤隆氏と各団体のトップが実行委員となって手と手を取り合い、「格闘技界が1つになる」をテーマに掲げて行われる。


この日は、メインイベントで行われる“天心武尊”に至るまでのアンダーカードとして8試合が発表。


いずれもタイトルホルダーを含むRISEとK-1を代表する選手たちが集結。“鎖国”とも評されるK-1が大々的に国内ライバル団体と対抗戦を行うということもあり、THE MATCHでしか見られない豪華カードが並んだ。


各選手たちが自身のプライドや団体の威信をかけて試合に臨む意気込みを語る中、最後に順番が回ったのは芦澤竜誠とYA-MAN。


マイクを取った芦澤は「マジで俺のための大会だと思ってンスね。俺がやるだけの大会。フツーに。今回マジ喧嘩なんでェ、みんなこれ喧嘩マッチ見たいと思ってると思うから、YA-MAN、オープンフィンガーでずっとやってるんで、オープンフィンガーやったことないけど、オープンフィンガー向いてるんで。俺のほうが。オープンフィンガーでこの試合します」とYA-MANへオープンフィンガーグローブ装着での試合を要求。


YA-MANも「俺もなあ、お前の試合見たことあるけど、お前喧嘩よえーだろ。喧嘩したことないだろお前。東京ドームのみんなの前で泣かしてやるからなオイ」と応戦し会場は一触即発の空気に包まれる。


これを受けたRISEの伊藤代表は「中村プロデューサー、大丈夫ですか?行けます?ウチはウェルカムですよ」と挑発的に問いかけ、中村プロデューサーも「K-1でオープンフィンガーグローブやったことないんですけど、ここまでのやり取りあって、僕が『ダメです』って言ったらみんなすごいブーイングすると思うんで、やりましょう!オープンフィンガーグローブで。K-1、やるならやります」と即答するなどこちらもバチバチの雰囲気に。


両団体代表の合意でオープンフィンガーグローブ装着の試合が認められるも、選手2人の舌戦は収まること無くヒートアップ。芦澤がYA-MANのサングラスや髪型を馬鹿にすると、ついにYA-MANがブチ切れて席を立ち芦澤へと襲いかかる。


スタッフ勢が総出で2人を引き剥がすものの、YA-MANは倒れた際にテーブルの角に頭をぶつけたか後頭部から出血し応急処置を受けるなど、会場は異様な緊張感に包まれた。


YA-MANはその後会見終了時まで芦澤を射殺すような視線を向け続け「そもそもK-1とRISE、レベル違うんで。だって、みんな歴史学んでるでしょ?日本が鎖国してたとき、日本がどうなったか。黒船が来てなんも出来なかったじゃん。それと一緒です。俺たちが黒船です」と啖呵。


運営側もこれ以上は危険と判断したか、会見終了後に行われる対戦カードごとの記念撮影では芦澤&YA-MANの試合のみ執り行われないという異例の事態となった。

『THE MATCH 2022』対戦カード発表会見で流血沙汰の大乱闘!那須川天心vs武尊のドリームマッチを実現するた 『THE MATCH 2022』対戦カード発表会見で流血沙汰の大乱闘!那須川天心vs武尊のドリームマッチを実現するた Reviewed by RichKid on 4月 23, 2022 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.