SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

MF乾貴士が労う監督の手を払いのけ不満な態度見せる!乾貴士が謹慎処分に

 セレッソ大阪の元日本代表MF乾貴士が、クラブから当面の謹慎処分を受けたことが10日、分かった。同日のJ1リーグ・ヴィッセル神戸戦(ノエスタ)はベンチ外となった。





乾は前節5日の柏レイソル戦(ヨドコウ)に先発したものの、0-1で迎えた後半17分に途中交代を命じられ、ベンチ前に戻った際、労をねぎらった小菊昭雄監督らの手を払いのけ、交代に対する不満の態度を示していた。


その試合後、小菊監督は「負けず嫌いな性格で、責任感がああいった形になった」と一定の理解を示しつつ「セルフコントロールをしていかないといけない」と反省も促していた。


今回の事態を重くみたクラブは試合後、乾に練習参加を含めた当面の謹慎処分を言い渡した。翌6日のオフをはさみ、その後の練習から参加を許さず、この日の試合もベンチ外だった。


クラブ幹部によると、今回は小菊監督の意向は関係なく、クラブとして一致団結するチームの輪を乱す行為として、厳しく判断したという。


乾は過去にも、11年5月のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のガンバ大阪戦で、前半だけで交代を命じられ、ハーフタイムに控室で激高。当時のレビークルピ監督の判断で、その後の公式戦4試合の出場禁止を含む謹慎処分が決まった。この時はクラブは公式発表していない。


それだけ闘争心や勝ちたい気持ちを持っているということだと思う。


だけどもうチーム内でもベテランの立場になってきて、ほかの選手たちのお手本となるような存在にならなければいけない。納得のいかないことや理不尽なこともたくさんあるだろうけど、せめてたくさんの目に触れる場では、あのような態度は見せるべきではなかったと思う。


確かに負けず嫌いなのはいいことだけど、ベテランなら、先日の代表戦の長友のように交代する選手を気合いで送り出すくらいのことをしてほしい。もしくは、その場でキレるのではなく、次に見返す原動力に変えてほしい。ここまで経験値がある選手がこういう態度をとると、自分の実力を過信してるのではないかという印象も与えてしまう気がする。

MF乾貴士が労う監督の手を払いのけ不満な態度見せる!乾貴士が謹慎処分に MF乾貴士が労う監督の手を払いのけ不満な態度見せる!乾貴士が謹慎処分に Reviewed by RichKid on 4月 11, 2022 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.