SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

大谷翔平の打球直撃…直前のファウルで本塁後方に座っていたファンのサラダプレートを“破壊”

 エンゼルスの大谷翔平投手が10日(日本時間11日)、復調を予感させる自己最速192キロ二塁打をマークした。直前のファウルで本塁後方に座っていたファンのサラダプレートを“破壊”。その直後にこれまでの自己最速を0.1マイル上回る超速二塁打を放った。開幕4連戦は17打数2安打の打率.118に終わったが、徐々にらしさを見せ始めている。チームは1-4で敗れ、開幕カードを1勝3敗と負け越した。


本拠地を騒然とさせる弾丸ライナーだった。3回1死一塁。フルカウントから右腕ウルキディの内角フォーシームを引っ張った。あっという間に右翼線へ伸び、ワンバウンドでスタンドイン。打球速度は自己最速119.1マイル(約191.7キロ)。これまで最速だった2021年4月12日の敵地・ロイヤルズ戦で記録した119.0マイル(約191.5キロ)を0.1マイル(約0.2キロ)上回った。10打席ぶり安打は今季初長打となった。


地元の“VIPファン”を驚かす場面もあった。自己最速二塁打の1球前。本塁後方に高々と舞い上がった打球はスタンドへ。本塁後方のダイヤモンドシートで優雅に昼食を取っていたウィル・ミリガンさん、2歳の息子ルイくんら家族のサラダプレートを“破壊”した。球場中に「ガシャーン」と甲高い音が響く。それでも、元マリナーズの岩隈久志氏と“ご近所さん”だというウィルさんは大喜びだった。


「サラダプレートがあったんだけど、散乱してしまってね。みんな無事だし問題ないよ。ボールがここまで来て、うれしかった。息子にとっては、ここでの試合で初めてゲットしたボール。凄く興奮しているよ。オオタニは万能な素晴らしい選手。投打両面でアンビリーバブルな活躍をする。先発登板を見るのが楽しみだ。ファンタスティック」


昼食を“没収”されたショックよりも……。大谷のファウルボールは何よりの記念となるようだ。



初回先頭では高めのフォーシームに捕邪飛。6回先頭は空振り三振に倒れ、8回は大きな左飛だった。開幕4戦目で今季初アーチは飛び出さなかったが、次戦の活躍を予感させる一戦となった。


今季はエンゼルスの各選手もまだ、本来の調子を取り戻せていないのかも知れない。本来ならトラウト選手ら、チームの主力選手達ももっと力が出せる筈なので、今後の奮起に期待します。


大谷翔平選手に関しては、開幕4連戦で結果が良くなくても、オープン戦で3ホーマーを叩き出しているのを見れば、徐々に調子も上がってくると信じたい。特に彼は自分の弱点も上手く調整して行ける選手なので、今後の打席では結果もきちんと出せるでしょう。


マドン監督の起用の仕方に、昨シーズンと違う手法が見られる事から、何か違う大谷翔平選手の姿を、いずれ応援しているファンも目撃する事になると感じます。嘘だと思う人は、マドン監督の起用方法について昨年の発言に気付いていないのでは?地元のファンの間では、それも見てみたいと期待もしています。


ウィルさん親子にとっては、良い記念日になったと思います。

大谷翔平の打球直撃…直前のファウルで本塁後方に座っていたファンのサラダプレートを“破壊” 大谷翔平の打球直撃…直前のファウルで本塁後方に座っていたファンのサラダプレートを“破壊” Reviewed by RichKid on 4月 12, 2022 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.