SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

佐々木朗希がレコードを壊す…最年少完全試合、13者連続三振、1試合19奪三振

 歴史的な大偉業を成し遂げた。ロッテ佐々木朗希投手がプロ野球28年ぶりの完全試合を達成した。64年ぶりにプロ野球記録を更新する13者連続奪三振の新記録も樹立。さらに球団新更新、プロ野球タイ記録となる1試合の19奪三振と異次元の快投ショーとなった。


初回から歴史的な奪三振ショーを展開。自己最速タイとなる164キロの直球を中心に、140キロ台後半の高速フォークとのコンビネーションで、1回2死の吉田正から5回スリーアウト目の西村まで13者連続三振を奪い、64年ぶりに日本記録を更新した(これまでは57年阪急・梶本隆夫、58年東映・土橋正幸の9者連続)。


その後も順調にアウトを重ね、9回2死、27人目の打者となる代打杉本を空振り三振に打ち取り、快挙達成。94年5月18日に巨人槙原寛己が広島戦で達成して以来、21世紀初の快挙で、20歳5カ月での達成は史上最年少記録となった。


19奪三振も95年の野田浩司(オリックス)に並ぶ日本タイ記録。


試合後、ヒーローインタビューに立った佐々木朗は「最高です」と大歓声を浴びた。完全試合の意識は「正直あまり意識してないです。打たれたらそれでいいかなと思って、最後まで(捕手の)松川を信じて投げました」と喜んだ。


▽佐々木朗が達成、更新した主な記録


◆完全試合…槙原寛己(巨人)1994年5月18日、広島戦以来。20歳5カ月での達成は1960年、20歳11カ月の島田源太郎(大洋)が8月11日の阪神戦での達成を抜き、最年少記録。


◆13者連続奪三振…1957年・梶本隆夫(阪急)、1958年・土橋正幸(東映)の9者連続を更新。


◆1試合奪三振のタイ記録…19、野田浩司(オリックス)1995年4月21日、ロッテ戦に並ぶ。


◆1試合奪三振の球団記録…16、村田兆治(ロッテ)1979年6月8日、近鉄戦を更新。


過去の日本プロ野球で達成された完全試合のうち、最多得点差は6点。完全試合やノーヒット・ノーランペースでも、大差となった途端に途切れるということも多く、この試合でも6点差となった直後の7回表の先頭打者にスリーボールとなりましたが、危なかったのはこの場面だけでした。プロの打者がここまでストレートが前に飛ばず、フォークに体勢を崩されて空振りしているところに、佐々木投手の投げるボールの異次元差がよく表れていると思います。



またバッテリーを組んだ松川選手も高校卒1年目とは思えない落ち着きぶりで、バットでも勝利に貢献。ルーキーイヤーに完全試合でのキャッチャーを務められるということにも驚きます。


今後パ・リーグはもちろん、球界を代表するバッテリーになる可能性も高そうですね。


高校時代のここ一番での当番回避、プロ1年目の公式戦登板なしなど、物議をかもしましたが、この金の卵の育成に1つの答えが出たのではないでしょうか。彼と言う素材を大事に育ててきたアマチュア時代の指導者、ロッテ首脳陣の考え方は今後の日本の野球界に一石を投じることになると思います。


なんでもアメリカと比べる必要は無いとは思いますが、アメリカの選手が基本的には大卒後にあたる22、3歳から出てくることを考えると、20歳前後と言う年齢は野球選手にとっては、きちんとした育成プランのもと大事に育てる時期なのではないかと思います。

佐々木朗希がレコードを壊す…最年少完全試合、13者連続三振、1試合19奪三振 佐々木朗希がレコードを壊す…最年少完全試合、13者連続三振、1試合19奪三振 Reviewed by RichKid on 4月 10, 2022 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.