SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

「異変の連続だった」…ホスト国である中国の金メダルに“疑念”t

 凍えるような寒さを吹き飛ばす熱戦が展開されている北京五輪。各国のアスリートが熾烈な争いを演じるなかで、ホスト国である中国に疑惑の目が向けられている。



問題視されているのは、現地時間2月5日に行なわれたスピードスケート・ショートトラックの混合2000メートルリレーだ。


上位2チームが決勝に進む準決勝のことだった。2組目のレースに登場した中国は、わずかな差でハンガリーとアメリカに追い抜かれて3位でフィニッシュ。無念の敗退かと思われたのだが、ここで突如としてレースが中断され、ビデオ判定が下される。


数分間に及んだ協議の結果、アメリカとロシアオリンピック委員会(ROC)が走行を妨害したとして失格処分に。3位となっていたホスト国の繰り上がりによる決勝進出が決まった。


まさに起死回生で決勝への切符を手にした中国は、イタリアとの0.016秒差というデッドヒートを制し、今大会最初の金メダルを獲得した。だが、自身の反則を取られたアメリカ代表のライアン・ピビロットが「何があったかよくわからないよ」と漏らしたように、競技後に最も話題となったのは、やはり準決勝での決定だ。


各国メディアがしきりに報じるなか、「疑わしいという反応は隠せない」と訴えたのは、韓国メディア『No Cut News』だ。彼らは「(中国は)異変の連続で、起死回生を遂げた」と皮肉ったうえで、「問題の場面では中国にも失格の可能性があった」と、問題のレースを切り取った。


「中国の第2走者のチャン・ユティンが第3走者のウ・ダジンをタッチできていないにもかかわらず、彼らはレースを続けた。タッチしない、あるいは明確に見えないことは『違反』だと規定には明示されている。つまり、中国も失格に該当する。だが、彼らは金メダルを手にした」


また、米スポーツ専門メディア『Sports Illustrated』は、「絶望的だった中国は表彰台に立つことを推された」と綴り、母国代表チームの無念さを説いた。


「これは本当に正しいのだろうか。理解しかねる妨害を問われた我々の代表は、メダルを狙える決勝進出という興奮から一転して、ショックと失望に襲われた」


今大会から導入されたショートトラックの混合リレー。その後味の悪さが残る結末は、しばらく波紋を広げていきそうだ。


競技として成立しにくい部分はあるよね、ショートトラックのリレーというのは。あくまで実力者が勝つべき蓋然性や整合性がある上で、番狂わせも起きるのは面白いんだが、これは不確定要素が多すぎる。

「異変の連続だった」…ホスト国である中国の金メダルに“疑念”t 「異変の連続だった」…ホスト国である中国の金メダルに“疑念”t Reviewed by RichKid on 2月 07, 2022 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.