SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

激震!ワリエワにドーピング疑惑報道は2度目…北京五輪が、大スキャンダルに見舞われた

 海外メディアは9日、その理由として金メダルを獲得したロシアオリンピック委員会にドーピング疑惑があると報じた。一部のメディアは、その禁止薬物を使用した疑いのある選手が、フィギュアの世界最高得点保持者で、女子シングルの金メダル候補であるカミラ・ワリエワだとの衝撃報道を行った。


五輪専門メディアのインサイド・ザ・ゲームズは9日、メダル授与式が中止となった理由について「ワリエワが受けたアンチ・ドーピング検査に関わる法的問題であることを独占的に入手した」と報じた。記事は、「ワリエワが違反した可能性のある薬物は競技力向上のためのものではないようだ」としており、ロシアの一部報道では、含まれていた薬物は、トリメタジジンで、通常、狭心症の発作を防ぎ、心臓への血流を助けるために使用される薬であるという。


さらにワリエワは15歳で、世界反ドーピング機関の規程により16歳未満のアスリートは保護対象になるとし、もし仮にドーピング防止規則違反の罪を犯していたとしても公式には実名が発表されないという複雑な事情も紹介された。


英ガーディアン電子版も「優勝したチームのロシアメンバーにドーピング陽性結果が出たため授与式は中止になった」と報じた。ガーディアンが取材した複数のニュースソースも「この薬物は競技力向上のものではない」としており、インサイド・ザ・ゲームズの報道と一致する。


禁止薬物について米NBC局電子版は「ワリエワやロシアなどの名前は出していないが、トリメタジジンがなぜ禁止薬物リストにあるのかを短く説明。


「薬理学に関する知識によれば、アスリートが身体効率を向上させるために、特に持久系スポーツの場合に使用することができると発表している論文がある」としている。


今季シニアデビューを果たしたワリエワは、3本の4回転ジャンプをプログラムに組み込み、世界最高得点を次々と更新して、フィンランディア杯、GPシリーズ・カナダ大会、ロステレコム杯、ロシア選手権、欧州選手権と出場試合をすべて優勝。「絶望」との呼称で呼ばれるほどの強さで、今回も団体戦の女子シングルで五輪デビューしFSでは女子選手として初めて五輪で4回転ジャンプを成功させ、チームの金メダル獲得に貢献した。


15日から始まる女子シングルでもガチガチの金メダル候補として注目されていた。


だが、もしドーピング疑惑が事実であれば、団体戦の金メダルをはく奪され、女子シングルには出場できない。衝撃的なニュースだ。


2014年のソチ五輪では、国家ぐるみでドーピング検査において不正を行い、五輪への国としての参加が認められていないロシアだけに、各国メディアは、「またか」という批判的な論調で、今回のドーピング疑惑を報じている。


カナダのトロントスター電子版は「ロシアが五輪でドーピング?北京五輪で歴史が繰り返されるかもしれない」との見出しでコラム記事を掲載した。フィギュアスケートの団体で4位だったカナダは、「ロシアが金メダルを獲得したが、薬物検査で陽性反応が出たとの報道により、再びドーピングスキャンダルが発生。カナダが(繰り上げで銅)メダルを獲得する可能性がある」とした。


コラム記事は、五輪の舞台で女子として史上初の4回転を成功させた15歳のワリエワのような優れた選手がドーピング不正をしていたことに驚きながらも、「世界反ドーピング機関の規定で16歳未満の選手が保護対象になるのならば、彼女の周りはどのような大人がいて誰が責任を負うのか」と、暗にロシアの女子フィギュアを強くした“鉄の女コーチ”として有名になったエテリ・トゥトベリーゼ氏の責任を示唆。


「衝撃的なことだが、それほどショッキングなことではない。ロシアは冬季五輪に2大会続けてロシアオリンピック委員会として出場している。なぜならロシアは捕まるまでの数年間、ドーピングの不正をしてきたからだ。覚えておいてほしい。これまで発覚したなかで、最も皮肉な組織ぐるみの不正をしてきたのにロシアは五輪に出場し続けている」と痛烈に批判した。


米ヤフースポーツ電子版でも「また五輪のドーピング問題の渦中にロシアが」というタイトルで批判記事を掲載した。


「ロシアは、2014年のソチ五輪で、広範囲にわたってパフォーマンス向上のための薬物操作に成功させたため、現在開催中の北京五輪を含む過去3回の五輪から締め出されているのだ。しかし、今、彼らの“交代要員”であるロシアオリンピック委員会が、古くて同じ脚本を踏襲しようとしているのではないか」と皮肉たっぷりに書き出している。


「英ガーディアン紙は、『この物質は、パフォーマンスを助ける薬ではない』と報じたが、エリート・フィギュアスケートでは、思春期の成長をブロックする減量薬など成長や体重増加を阻害して跳躍を助けるような戦術の使用をめぐる告発が後を絶たない」と指摘。


10代の選手たちが、成長を抑制する薬物を使用していたケースが過去にも見られたことを紹介した。


さらに「競技向上のための薬物使用疑惑のかけられている国は、どこもガラスばりの家からやっているが、ロシアは、まったく別のレベルにまで物事を進めている。ロシアは、ソチで最も多くのメダルを獲得したが、一人の選手も陽性反応を示さなかった。その後、パラリンピックでも同じようにして世界のスレッジホッケー選手や視覚障がいのスキー選手を騙した」と批判した。


そして国際オリンピック委員会と、国際スケート連盟に対しても、手加減なく疑問を突き付けた。


「もし国際オリンピック委員会と国際スケート連盟が、この事件全体への国(ロシア)の関与と、この国が選手を派遣することを許されていることを問題視しないのであれば、スケート競技は、荷物をまとめて家に帰るべきだ。ワリエワは無実で操られているだけかもしれないが、ここでは彼女にとって公平か否かは問題とは言えない」と辛らつな意見を述べた。


またロシアのスポーツ・エクスプレス紙電子版は、早くも出場ができなくなるワリエワの代役として2015年の世界選手権金メダリストで代表の補欠になっているエリザベータ・トゥクタミシェワが指名される可能性について報じた。もしトゥクタミシェワも出場できない場合は、15歳のマイア・フロミフが次の候補だという。


国際オリンピック委員会の公式発表が待たれるが、ジャンプの混合団体で高梨沙羅ら女子選手だけ5人も「スーツ規定違反」で失格となった問題や、ショートトラックでの疑惑のジャッジなど、問題含みの北京五輪が、大スキャンダルに見舞われた。


あるドーピング一般に関する国際スポーツ法のポイントとして、競技者のアスリート能力を高める目的で行われるドーピングが一方にある。


それに対して、競技者の得点能力を高めることを企図とするドーピングが、他方にある。2つのドーピングは、必ずしも、完全に同じではないため、ドーピングの連続試行や連鎖を生みかねないし、こうしたドーピングの錯綜は、競技者の命さえ、縮めかねないと言われる。スポーツ法、国際スポーツ法と共に、人権法、国際人権法の適用が、常に必要になる、との再認識、再確認が必要だ。

激震!ワリエワにドーピング疑惑報道は2度目…北京五輪が、大スキャンダルに見舞われた 激震!ワリエワにドーピング疑惑報道は2度目…北京五輪が、大スキャンダルに見舞われた Reviewed by RichKid on 2月 10, 2022 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.