SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

東京・両国国技館◇土俵から転落した力士が着物女性を“直撃”でヒヤリ 咄嗟の振る舞いto

 前頭筆頭・若隆景(荒汐)が押し出しで前頭八枚目・翔猿(追手風)を下した一番で、敗れた翔猿が土俵下へ転落して着物姿の女性を直撃する場面があり、館内は一時騒然となった。しかしその直後、翔猿が女性の手を取るようにして何やら声をかけながら姿勢を起こす振る舞いを見せると、周囲の心配をよそに女性は満面の笑みに。その様子に視聴者から「喜んでる」「嬉しそうでよかったw」といった安堵の声が寄せられた。



立ち合い頭からぶつかった両者。張り手を交えた激しい攻防戦を繰り広げると、引いた翔猿の隙をついて若隆景がすかさず頭をつけ、前に出て翔猿を押し出して6勝目を挙げた。敗れた翔猿は土俵下へと勢いよくジャンプしながら落下。向正面で審判を務めていた元前頭・土佐豊の時津風親方と接触したほか、客席で相撲を観戦していた着物姿の女性にもぶつかった。視聴者から心配の声が寄せられるなか、観客の女性は満面の笑みで翔猿を見つめていた。敗れた翔猿は7敗目を喫した。


取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元関脇・琴勇輝の君ヶ濱親方は「申し分ない正攻法だったと思います。これが若隆景のウリですから」と一言。続けて「翔猿も何かを仕掛けようと間合いを図っていたとは思うんですが、(若隆景は)そんなの関係ないような電車道で土俵下まで相手を持っていきましたね」と、若隆景の完璧な取り口を称賛した。


イケメン力士・翔猿が直撃したものの、周囲の心配をよそにむしろ笑顔を見せていた着物姿の女性に、視聴者からは「喜んでる」「にっこり」「嬉しそうでよかった」「ドキドキ」「これはうれしい展開」「サービスやんけ」といった安堵の声が続々と寄せられた。


一歩間違えば大惨事の出来事が、イケメン力士のエスコートで女性がほっこりするいい話になってよかったです。ハッピーエンドは何より。


砂被り席は維持員席といって、ある意味関係者席。力士が落ちてきてケガをしても国技館内の診療所で応急処置のみ、それ以降は補償しませんという席です。何百万と維持費を払わないといけないので、私には一生無縁な席です。いつか座ってみたいですが。


それにしても、おケガが無くて良かったですね。


翔猿がいきなり自分のところまで来るのも羨ましいけど、私は宇良のくるりんぱを目の前で見れたお客さんが羨ましくて仕方がない!

東京・両国国技館◇土俵から転落した力士が着物女性を“直撃”でヒヤリ 咄嗟の振る舞いto 東京・両国国技館◇土俵から転落した力士が着物女性を“直撃”でヒヤリ 咄嗟の振る舞いto Reviewed by RichKid on 1月 21, 2022 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.