SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

シバターはRIZINから永久追放すべきなのか…「オレもお前も格闘技から足を洗おう」

 大晦日の総合格闘技イベント「RIZIN.33」で炎上系Youtuberプロレスラーのシバターが元K-1王者、久保優太に飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで1本勝ちした試合で持ち上がった八百長疑惑問題がいっこうに沈静化しない。“やらせ”を示す両者のものと見られるLINEのスクリーンショットの流出から、シバターの完全否定、久保自身の衝撃告白と続き、シバターが再び、開き直りとも取れる意味不明の救済の申し立てを行ったことで騒動は沈静化どころかさらに炎上。当日、久保のセコンドについていたBRAVE代表で元オリンピアンの宮田和幸氏、メインのRIZINバンタム級トーナメントで優勝した扇久保博正、元格闘王の前田日明氏、元K-1戦士の小比類巻貴之氏らが次々とYoutubeで意見を発信した。シバター永久追放を求める声が強まる一方で反対意見も。主催のRIZINIサイドは公式な対応、見解を示していない。



シバターがまた火に油を注いだ。


自身の公式Youtubeの再生回数を増やす狙いなのか。八百長疑惑を完全否定した動画に続き、4日「久保優太を救いたい」という題で、第2弾の動画をアップ。   


まるで今回の八百長疑惑騒動が他人事のような体で、「お前、去年の大晦日のRIZINで戦って試合前にそのYoutuberの“1ラウンド目は手を抜いて下さい、2ラウンド目からお互い本気でいきましょう“というあからさま、わかりやすい嘘に騙されて1ラウンド目手加減して負けたらしいな」と、ここまで表沙汰になった”不当行為”を認め、「お前、何やってんだよ。そのYoutuberがいつも動画や試合で使う常套句じゃないか」と自身の行為を正当化した。



久保の親族がシバターとのLINEのやりとりを暴露し、久保自身が青汁王子こと三崎優太氏のYoutubeに電話で出演してすべてを明かしたことを「もし台本を受けるんだったら真実は墓場まで持って行くつもりじゃなきゃ。結果が逆だったら、お前騒がないだろう。1から10までダサすぎるぞ」などと批判した。


Youtube企画ではなく、歴史と権威のあるRIZINのリングで、自らが大問題を起こしたことへの反省がないどころか、台本があったことをばらした久保を責めたてて「一度台本をのんだ格闘家、どこの団体も使ってくれないぞ。RIZINはおろか、日本の格闘技界全部だ」と、RIZINから永久追放となる可能性を示唆した。


「オレもお前も格闘技からは足を洗おう」と呼びかけた上で、”救済”として自らが行っているパチンコ営業へ久保を誘った。シバターの思惑通り、この動画の再生回数は、90万回を超えた。Youtube企画やSNS上での炎上、舌戦のパターンでは、この幕引きで良かったのかもしれないが、真剣勝負のRIZINで行った“やらせ行為“だけに周囲は許さなかった。



まず声をあげたのは、半年前から久保にMMAを指導。このシバター戦のセコンドにもつき、腕ひしぎ逆十字を決められ、タップをしなかった久保に最終的にバトン(タオル)を投入した宮田氏だ。


宮田氏は、自身の公式Youtubeチャンネル「宮田和幸ヘラクレスチャンネル」を更新。宮田氏は、試合前に両者に“やりとり“があったことを「しらなかった」とした上で、一度、決定していた対戦カードが流れ、シバターの提案を受け入れた久保の苦渋の決断に理解を示した。そして、師匠の立場として、こう無念を口にした。



「僕にセコンドなので言って欲しかったというのはもちろんある。でも(もしやらせ依頼があったことを僕に)言ったら試合をさせなかった。させて、そのまま八百長というか、出来レースなしで、1ラウンド目から行こうと相手に合図してやってもよかった」


また宮田氏は「(RIZINに)八百長はない。昔はあったかもしれないが、今は発想自体がない」と断言した上で、以前もシバターに八百長疑惑があり、見破った過去があることを明かした。


それは2015年11月にディファ有明で行われた総合格闘技イベント「ZST」でのシバター対平信一の試合。シバターがジャーマンスープレックスで投げられて完敗した試合だが、「プロが見たらおかしいとわかる。あいつはガチンコをやっていないと言ったことがある。常習犯」と切り捨てた。当時シバターは自身のYoutubeで八百長を否定し、「万が一あったとしても言わねえよ」と開き直っていた。



また宮田氏は、バトン投入後、久保が「(腕ひしぎ逆十字固めは)決まっていないですよ」と訴えたことを明かし、選手の命と肉体を守るための判断だったことも説明。


気になる今後について「そこ(やらせ)に乗っちゃった久保君もダメなんだけど、RIZIN側と久保君とシバターで話し合うと思う。(シバターは格闘技の)選手じゃないんだろうね。炎上してもいい(と思ってやっている)。八百長じゃないと言えば八百長じゃない。作戦と言えば作戦。難しい問題になるけれど、個人的には(RIZINで)使って欲しくない。こっちは真剣にやっている。いろんなのがあっていい。Youtubeで視聴率取る人がRIZINに出る、芸能人が出るとか、孝太(三浦)もそう。格闘技をいろんな人に見てもらいたい。でも全員が真剣」と、シバターのRIZINからの永久追放を訴えた。


またRIZIN大晦日大会のRIZINバンタム級トーナメント決勝で朝倉海を判定で破り、初代覇者となった扇久保も、公式Youtubeチャンネル「おぎちゃんねる」で「あの試合は僕らとは別枠。僕らの試合と同じものだと考えないでほしい」と訴えた。



LINEで依頼された“やらせ”を承諾して裏切られて敗れ、後になって舞台裏を明かした久保に対しても「対戦相手にLINEするっていうのがあり得ないこと。そこも論外。仮に打ち合わせをしていたとしても、それでだまされて負けたと言ってしまうのは、すごくちょっとダサい」と容赦なかった。


元格闘王の前田氏も黙っていなかった。自身の公式Youtubeチャンネル「前田日明チャンネル」を更新。今回の問題について語り、「(シバターの最新)動画を見たけど、お前何言ってんだ。(シバターは)クズ中のクズ」と叩き斬った。


前田氏は、現役時代にプロレスラーから総合格闘家に転身して一時代を築いた。引退後は、リングス、アウトサイダーなどの総合格闘技団体のプロモーターを務め、シバターがアウトサイダーのリングに上がっていたときは、リングサイドで恒例の赤いジャケットを着て責任者として見守っている。



前田氏は「最初は体重差があると思ったが、何か不可解だった。ボディーへの攻撃もしてないし、ローやカーフキックだけで相手の様子を見ていた。(3分×2ラウンドのMMAルールで)1ラウンドから様子を見ることはないと思っていたけど、久保君どうしちゃったの?という動き。あまり集中出来なかったのかな」と、試合を怪しんだ上で、こう問題点を指摘した。


「何で久保君も(シバターの提案に)ハイと言っちゃったのかな。こういうことはRIZIN側が選手をちゃんとコントロールしないと駄目。RIZINは何をやる場か。競技をやる場なのか、“お化け屋敷”をやる場なのか。八百長情報があるのならRIZINがちゃんと選手の管理、コントロールをしないとダメ。そういうことがあるとギャラ没収だけで済まさず、選手生命に及ぶぞというところ。それくらいやんなきゃいけない。オレなら選手を守ってくれとRIZINに抗議する。RIZINに出る選手が全員立ち上がるべき」



再発防止のためのRIZINの選手管理の徹底を訴え、今回のシバターのような不当行為を働いた選手に対して永久追放処分などの厳しい姿勢を打ち出すことを求めた。


業界“裏情報通“の前田氏は、過去に大物日本人格闘家と、海外の大物ボクサーとの異種格闘技戦でも似たような“八百長疑惑”があったことを明かし、「交渉にいった連中が、どうしようもないこと、だますことをやった。シバターはプロレスファンで(この話を)知っているから、やっちゃいけないことをやった」と推測。「久保君を救済してあげないと可哀そう」と声をあげた。


一方でシバターの不当行為を「作戦だ」と擁護する声もある。現役時代にミスターストイックとして知られ、魔裟斗氏と名勝負を繰り広げた元K-1戦士の小比類巻氏は、自身の公式Youtubeチャンネル「KOHIチャンネル」を更新。



「ファイターは勝ってなんぼ。シバターはやり方は汚かったが賢く勝った。シバターが勝負師だった」と擁護した。


小比類巻氏は、体重差がありMMAルールだったことから「シバターが勝つ」という予想を立てていた。ただ、「1ラウンドから(久保が)様子を見て戦っているように見えた」という。  


小比類巻氏は、ボクシングでは、海外に遠征した選手が、宿泊先のホテルで夜中に電話攻撃などの妨害を受ける例があることを示した上で、「シバターの作戦通り」とLINEなどを通じての“やらせ依頼”を作戦のひとつだと支持した。


またRIZINの両選手に対する今後の対応についても「どっちを処分するんですか。処分する問題ではない」と持論を展開。シバターに永久追放などの厳しい処分を求める声に反論した。小比類巻氏は、「久保は勝負師に1本とられた。勉強になったって感じじゃないですか。久保を称えるとしたら、シバターの土俵である総合(のリング)に立ったこと。引退? 笑うしかない。シバターを最後に引退するのか? グローリー、K-1と勝ち上がって自分のスタイルを作ってきた上手い選手。過去の栄光もある。(今回)話題になったことで次に強いところを見せて欲しい」と久保の再起にエールを送っていた。



ネット上での展開は、目まぐるしいが、肝心の主催者のRIZINは、この問題について沈黙を守っている。現在、事実関係を調査中なのかもしれないが、早急に対応しなければ、築いてきた信頼が崩れることにもなりかねない。

シバターはRIZINから永久追放すべきなのか…「オレもお前も格闘技から足を洗おう」 シバターはRIZINから永久追放すべきなのか…「オレもお前も格闘技から足を洗おう」 Reviewed by RichKid on 1月 05, 2022 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.