SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

日本代表・中国代表戦「予想スタメン」!!負傷者続出でピンチjt

 日本代表は1月27日にワールドカップカタール2022・アジア最終予選グループB第7節中国代表戦を迎える。7大会連続のW杯出場権獲得へ向けて、正念場を迎えた日本代表は、2連勝を飾ることができるのだろうか。



森保一監督は中国戦でどのようなメンバーで臨むのだろうか。今回は、中国戦の日本代表予想スタメンとフォーメーションを紹介する。


■負傷者続出でピンチ


日本代表を主将として牽引しDFの要である吉田麻也が怪我で代表招集見送り。また、吉田の相棒としてDFラインを支えてきた冨安健洋も発表時にはメンバーリストに名前が載っていたものの、怪我により代表辞退となってしまった。吉田、冨安の穴を埋める存在は誰になるのだろうか。


また、攻撃陣でも古橋亨梧と三笘薫も怪我のため招集見送り。二人とも欧州で好調ぶりを見せ、代表でも貴重な戦力だっただけに不安が募る。


■吉田、冨安の代役は?


まずGKには権田修一だ。アジア最終予選全てでゴールマウスを守っている。今回の2試合でもファーストチョイスとなるだろう。代表では2試合連続クリーンシート(無失点)中だ。


右サイドバックには酒井宏樹、左サイドバックには長友佑都と森保ジャパンでは不動の2人が並ぶだろう。中国が引いて守ってきた場合、ベテランサイドバックの攻撃力が鍵を握ることになる。


そして気になるのがCBだ。板倉滉と植田直通の欧州コンビを予想した。今季からシャルケでプレーしている板倉だが、加入後すぐに主力に定着。今季リーグ戦では17試合に出場し2得点を挙げている。欧州組で直近でも試合を行なっているということもあり、Jリーグ組と比べると試合勘はあるはず。高さを武器にした攻守で日本を救ってほしい。


板倉の相棒には植田だ。もちろん、Jリーグでの活躍を考えれば谷口彰悟の可能性も十分にあるだろう。グループB第1節のオマーン代表戦では冨安に代わりCBで出場した植田だが、低調なパフォーマンスを見せ批判もあった。だが、試合勘や代表での出場経験などを考えた時に森保監督がこの大一番に植田を起用するであろうと考えた。オマーン戦での不安をこの試合で払拭してほしい。


■柴崎か田中か?


アンカーには代表に欠かせない存在である遠藤航だ。4-3-3で臨むと考えた時に遠藤の存在は欠かせない。もちろん、4-2-3-1でも4-4-2でもボランチで出場するはずだが、遠藤あってこその4-3-3とも言える。


インサイドハーフには田中碧と守田英正を予想した。森保監督からの信頼が厚い柴崎がスタメンに名を連ねる可能性もある。2021年11月のオマーン戦では出場停止の守田に代わり、スタメン出場を果たしていた。だが、オマーン戦では前半のみのプレー。さらにここ3試合は田中がスタメンに名を連ねているため、柴崎はベンチスタートとなるだろう。


■久保のスタメン起用は?


場合によっては4-2-3-1、4-4-2の可能性がある。その場合は、遠藤と田中がボランチに入ることになるだろう。そして4-2-3-1の場合、トップ下には、怪我による離脱で約4か月ぶりの代表復帰となった久保建英が考えられる。マジョルカでは今季トップ下と右ウィングで起用されている。怪我により出場機会が限られていた久保だが、今季ここまで公式戦14試合に出場2得点2アシストを記録。徐々に調子を取り戻してきている。


しかし4-3-3で臨むことを考えると、右ウィングには不動の存在である伊東純也だ。ベルギー1部では今季ここまで23試合5得点10アシストと申し分ない活躍。日本のスピードスターの躍動に注目だ。左ウィングには、これまた日本代表では不動の南野拓実。所属するリバプールではアフリカネーションズカップで代表に合流しているモハメド・サラーとサディオ・マネが抜けたこともあり、途中出場ではあるがリーグ戦でも出場機会は与えられている。1月16日のブレントフォード戦ではゴールも決め、代表へは良い流れで合流できているかもしれない。


■前田の起用は?


センターフォワードには大迫勇也だ。森保監督からの信頼がとにかく厚い選手である。アジア最終予選では全試合にスタメン出場中。2021年9月に行われたアウェイでの中国戦で決勝ゴールを記録。本人も良いイメージを持っているだろう。今回もゴールに期待がかる。


そして気になるのは、前田大然の存在だ。セルティックデビュー戦でいきなりゴールを決めた前田に期待されるのは、もちろんゴール。森保監督も代表発表会見で「前田に期待するのはゴール」と語っていた。スピードのある前田はセンタフォワードのみならず、両ウィングで起用が可能。後半途中に走りまくり、相手をかき回してほしいところだ。


今回は4-3-3で予想したが、オプションとして4-2-3-1や4-4-2も考えられる。2トップになった時に大迫と前田、大迫と浅野といったコンビも考えられるだろう。また、久保の起用法なども変わってくるはずだ。果たして、森保監督は中国戦でどのようなメンバーを組んでくるのだろうか。

日本代表・中国代表戦「予想スタメン」!!負傷者続出でピンチjt 日本代表・中国代表戦「予想スタメン」!!負傷者続出でピンチjt Reviewed by RichKid on 1月 26, 2022 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.