SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

井上尚弥が井岡一翔戦に興味…ドネアとの再戦も視野iko

 プロボクシングWBA&IBFバンタム級(53・5キロ以下)統一王者・井上尚弥(大橋)が14日、東京・後楽園ホールで行われたWOWOWの「エキサイトマッチ~世界プロボクシング」30周年記念イベント「リングサイド会議SP『黄金の中量級』in後楽園ホール」に、スペシャルゲストとして出演。WBC王者ノニト・ドネア、WBO王者ジョンリール・カシメロ(ともにフィリピン)との対戦の可能性や1階級上げて4階級制覇を目指すことについて言及した。試合後に応じた囲み取材では、日本男子初の4階級制覇王者でWBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)王者・井岡一翔(志成)との対戦に興味を示した。


井上は「ファンが見たいカードが決まった時の雰囲気とかがいい。異様な雰囲気を醸し出すような試合を組んでいきたい」とした上で、「コアなファンもいるし、キャリアが後半に入るし、日本人同士の実現に向けても動きたい」と話した。井上は「(井岡が)5階級制覇したいと言っていることも聞いているし、期待するところもある。そこに向けて発言していきたい。自分はバンタム級から下げることはないけど、ファンの中でひそかに楽しみにしているという声も聞くし、盛り上げるなら、(井岡との対戦も)アリなのかなと思う。バンタム級に(井岡が階級を上げるという)そういう流れになれば…」と興味を示した。


「あくまでも、話がくれば、ですよ」と最後に強調したものの、すでに大橋秀行会長とも、4団体統一、4階級制覇に加え、新たな最強の日本人対決という選択肢もあることの話をしているという。井岡と福永亮次(角海老宝石)との大みそか決戦の映像は見たという井上。「自分とはボクシングに向き合う気持ちが違うと感じた一戦だった。『見たくなければ…』とか、リスクを負わないというのは僕とは違う」と静かな口調ながらも言葉に力がこもっていた。


なお、この日のリングサイド会議SPは、1月21日午後9時からWOWOWオンデマンドで配信開始予定。


これまで無敗で世界3階級を制覇している井上尚弥と、4階級を制覇してきた井岡一翔の対戦が決まれば、大きな話題となるしボクシング界も盛り上がるだろう。


階級が違うので試合は難しいかもしれないが、昨年2月に井上尚弥はエキシビジョンで比嘉大吾と戦っている。スパーリングなら可能性もある。



特徴が違う2人なだけに、どんな展開になるか興味深いところだ。2人とも昨年の12月に試合をしているため、腕試しにぜひ観たい。


昨年は6月にマイケル・ダスマリナス(フィリピン)を3回TKOで下してIBFの指名試合をクリア。11月には2年ぶりの国内防衛戦でアラン・ディパエン(タイ)に8回TKO勝ちした。目標としていた他団体王者との統一戦は実現しなかったが、「今はどっちでもいい。やれるならやるし、やれないなら階級を上げる」と固執せず、試合時期についても「4月にやれるなら次は9月、12月というのが理想だけど、ずれ込むようなら(年間)2試合でも」と、柔軟に対応するつもりだ。


 元旦には父の真吾トレーナー、弟の拓真、いとこの浩樹さんと恒例の“走り初め”し、すでにジムワークも再会。新年のあいさつ時に大橋秀行会長から「今年は激戦が続くので覚悟してください」と激励されたことを明かし、「そういう言葉があると、気合が入ります」。4団体統一ならターゲットはWBC王者ノニト・ドネアかWBO王者ジョンリール・カシメロ(ともにフィリピン)。19年11月に死闘を演じたドネアについては「もちろん戦いたい選手の一人。WBCのベルトを持っているので戦いたい」と明言し、「両目で戦えば、“あんなもんじゃないぞ”という思いはある。あの時の戦い以上のものを出せる自信はある」と言い切った。


体調不良を理由に指名試合を直前でキャンセルしたカシメロについては「実力はある選手だとは思う」と認めた上で「それ以前の問題。当初に比べると、しらけちゃって戦う興味がなくなった」と切り捨てた。


 イベントには国際マッチメーカーで解説者のジョー小泉氏、元WBC世界スーパーライト級王者の浜田剛史氏も参加。井上はトークや自らミットを持ってファンのミット打ち体験の相手を務めて会場を盛り上げた。

井上尚弥が井岡一翔戦に興味…ドネアとの再戦も視野iko 井上尚弥が井岡一翔戦に興味…ドネアとの再戦も視野iko Reviewed by RichKid on 1月 15, 2022 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.