SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

ホンダ新型「ステップワゴン」初公開!どのような特徴を持つ内外装が採用されたのでしょうか6

 新型「ステップワゴン」2022年春発売!



ホンダは、7年ぶりに全面刷新する新型「ステップワゴン」を2022年1月7日に初公開しました。


6代目となる新型ステップワゴンは、どのような特徴を持つ内外装が採用されたのでしょうか。


ホンダ新型「ステップワゴン」と開発責任者の蟻坂 篤史(ありさか あつし)氏


ステップワゴンは、初代モデルが1996年5月8日に発売されました。現行型は2015年4月24日に発売された5代目で、カスタム仕様の「ステップワゴンスパーダ」と標準仕様(ステップワゴン)が設定されています。


6代目となる新型ステップワゴンはカスタム仕様のステップワゴンスパーダは継続された一方、標準仕様を改め新たに「ステップワゴンエアー」という名称となり、世界観の異なる2タイプを設定して登場しました。


外観は、従来に対してベルトラインを上げたことでボディの分厚さが伝わるデザインを採用。見た目から安心感が伝わる表現が用いられています。


2タイプそれぞれの特徴として、ステップワゴンスパーダはリアに向けて伸びやかな流れをイメージできる造形としながら、重厚なフロントグリルやボディ下端を囲むダーククロムメッキモールを配したことで、力強く品格ある佇まいを表現。


一方ステップワゴンエアーはクリーンでシンプルなデザインとしながらも、細いメッキモールをさりげなく用いたことで上質感も演出しています。


新型ステップワゴンの内装は、自分の家にいるような居心地の良さと、新たな使いかたを見つけられる自由な空間を目指して開発されました。


またミニバンの新たな価値として「乗り物酔いしにくいクルマ」を目指し、水平基調かつノイズレスなデザインを採用。乗る人の視野を安定させ、乗り物酔いを起こしにくくすることに貢献しています。


シート表皮には全タイプ共通で「FABTECT(ファブテクト)」を採用。撥水撥油加工が施されたことで掃除がしやすく、清潔な空間を保つことが可能です。


さらに、新型ステップワゴンでは乗る人が自由に居場所を選べるシートアレンジを採用。2列目シートは前後へのロングスライドだけでなく、左右にもスライドできる構造としました。


3列目シートは着座位置を高くしたほか、前方のシート形状を工夫したことで開放的な視界を実現。床下収納機構はそのまま、クッションの厚みも増したことで3列目シートでも快適な乗り心地を実現します。


内装色について、ステップワゴンスパーダは、ダークトーンのカラーを用いてスタイリシュかつ上質な空間を演出。一方、ステップワゴンエアーは温かみのあるカラーを用いたことで、乗員に明るいリビングのような安心感を与えます。


開発責任者の蟻坂 篤史(ありさか あつし)氏は、新型ステップワゴンについて次のようにコメントしています。


「厳しい社会的要因が多いこの時代、『家族といるときがいちばん安心できる』『子どもに安心な信頼できるモノを選びたい』といった声が多く聞かれます。


一方、共働きの過程が増えたことなどによって、『子どもと過ごす時間をもっとつくりたい』『自分の時間も大切』など、自由や開放感を求める声も聞かれます。


家族のためにしてあげたいこと、そして自分のためにしたいこと、それらさまざまな目的に応え、暮らしをより豊かにできるアイテムをつくりたいと考えました」


最近のホンダはフィットやヴェゼルを見ても、モダンなデザインや心地良く過ごせる空間づくりを大切にしている。


既存のミニバンの概念はどこか威張りがきく顔つきが支持される傾向にあるが、今回のステップワゴンはそれとは真逆のアプローチで企画されたクルマだと感じる。自分自身の価値観で物ごとを捉えるユーザーに響きそうなコンセプトといえるが、今後登場するトヨタのノア/ヴォクシーと共に実際にどのような層に受け容れられていくのか楽しみだ。


新型は、とても「分かりやすい」クルマだ。ひと昔前、日本市場は、ノア・ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンという、中型ミニバンがコアマーケットだった。


この分野は商品の差別化が難しく、ホンダは先代(まだ現行)モデルでリアドアにカラクリを施したが、これにはユーザーはもとより、特にディーラー側で賛否両論があった。


こうした事実をホンダは精査し、ホンダの「手の内」技術を軸に、愚直に磨きをかけた結果が、今回の新型になったのだと思う。


近年のホンダ商品企画は、FITに代表されるように、「人」「社会」「人生」といった大局から物事を考えようという流れがある。


経営的には、2040年グローバルでEV/FCV100%を宣言し、電動垂直離着陸機eVTOLなど新領域の量産も目指すホンダ。


「技術は人のため」を命題に、日本市場特化型のミニバンに、ホンダがいまできることの全てを注いだ。

そんな印象を受ける。


新型ステップワゴンの注目点のひとつは、2列目シートに橫スライド機構を採用したこと。これにより、例えば、2列目シートにチャイルドシートを設置し、小さな子どもを乗せたとき、停車中に運転席からお世話をしやすい「赤ちゃんモード」が可能となりました。子どもを乗せた2列目シート(通常は左側が多い)を、従来からある前後スライド機構で最も前に出し、中央寄りにすることで、運転席から振り返れば、小柄な女性でも子どもに手が届きやすくなるのがメリット。同様の機構は、ライバル車のトヨタ「ノア」&「ヴォクシー」、日産「セレナ」にはすでに採用されていましたが、先代のステップワゴンにありませんでした。先代モデルは、近年、販売面で苦戦していましたが、そうした子育て世代に向けた機能が、ライバル車と劣っていたことも要因のようです。実用面のアップデートで、新型に対しユーザーがどう反応するのかも気になるところです。

ホンダ新型「ステップワゴン」初公開!どのような特徴を持つ内外装が採用されたのでしょうか6 ホンダ新型「ステップワゴン」初公開!どのような特徴を持つ内外装が採用されたのでしょうか6 Reviewed by RichKid on 1月 07, 2022 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.