SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

井上尚弥の対抗王者、カシメロの王座保持をWBO発表…4団体統一を狙っている

 ボクシングのWBO(世界ボクシング機構)は23日、前日計量をキャンセルした世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の王座を剥奪しないことを発表した。王座剥奪の可能性があったが、世界戦線に生き残る形となった。



WBOは公式サイトに声明文を掲載。これまでの経緯とともに「提出された証拠は十分に正当であるため、カシメロはWBO王座を保持する」と記した。


カシメロは11日(日本時間12日)に予定していたWBO1位ポール・バトラー(英国)との防衛戦の前日計量を直前でキャンセル。減量苦もあり、ウイルス性胃腸炎で入院したと海外メディアに報じられ、試合中止となった。WBOはカシメロ陣営に対し、正式な診断書と医療記録を期日まで提出するよう要求。医学的な証明ができなかった場合は、カシメロから王座を剥奪するとしていた。



同級暫定王者だったカシメロは、19年11月に正規王者だったゾラニ・テテ(南アフリカ)との試合で団体内王座を統一。20年9月には同級11位デューク・ミカー(ガーナ)に、今年8月には同級4位ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)を相手に防衛を重ねた。


しかし、ともに選択試合だったため、WBOは今回の発表で次戦について指示。カシメロが所属するプロモート会社「プロベラム」に対し「この決定から15日間以内に、条件に従いカシメロ―バトラー戦をリスケジュールするかどうか決定する(必要がある。さもなくばカシメロはベルト剥奪)」とした。バトラーと試合をするかどうか、15日以内の決断が迫られた。


バンタム級では、WBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)、WBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)が4団体統一を狙っている。


その前に、12月14日、国内では2年1カ月ぶりとなる世界戦でアラン・ディパエン(30歳)を8回TKOで下した、ボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28歳)。


激闘から1時間半後の22時過ぎ。駐車場から出てきた井上を待っていたのは、数人の熱心なファンだった。


居合わせたファンは「試合直後なのに、赤信号で止まると車内から本人が声をかけ、その場にいた全員とツーショット写真を撮る “神対応” をしてくれたんです。近くで見た井上選手は顔に傷ひとつなく、きれいな顔で驚きました」


試合後には、国内外の大手企業からスポンサー契約のオファーが届き、井上の2022年のスポンサー料は総額10億円に到達する見通しだという。


「これまで軽量級ボクサーのファイトマネーは、1試合あたり、よくて2000万円程度でした。しかし、ここ3戦の井上は、破格の100万ドル(約1億1000万円)。現在よりひとつ上のスーパーバンタム級でも王者になるか、4団体統一を果たせば、スポンサー料20億円以上も夢ではありません」(ボクシング記者)


愛称同様、稼ぎも “モンスター” 級だ。

井上尚弥の対抗王者、カシメロの王座保持をWBO発表…4団体統一を狙っている 井上尚弥の対抗王者、カシメロの王座保持をWBO発表…4団体統一を狙っている Reviewed by RichKid on 12月 23, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.