SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

新庄ビッグボスは「帰ってきました!」!白いカウンタックに乗ってド派手登場shin

 あの男が、本格的な冬を間近に控えた北国を熱くした。日本ハム新庄剛志監督が11月30日、「ファンフェスティバル2021」で、日本ハムの一員として、15年ぶりに本拠地札幌ドームに戻って来た。監督就任後、初めてファンの前に姿を現し、歓声を浴びた。暗転した会場の中、真っ白のランボルギーニのカウンタックに乗って登場すると、スポットライトの下「北海道に帰って来ました!」と絶叫した。



暗転した札幌ドームに突然、危険を知らせるサイレンが鳴り響いた。大型スクリーンに明滅した赤い「ATTENTION」の文字が「BIGBOSS」に変わると、日本ハム新庄監督が左翼側のフェンスから、真っ白いランボルギーニのカウンタックに乗って、さっそうと登場した。


ゆっくり車を走らせアリーナ中央に止めると、スポットライトを浴びながらマイクを握り「15年ぶりに北海道に帰って来ました!」と、右手の人さし指を天に掲げた。


新庄 暴れても、いいですか? 感動させても、いいですか? かわいい選手たちと、泣き笑いさせてもいいですか? 来年から僕が舵(かじ)を取り、かわいい選手たちと長い船旅に出掛けます。かわいい選手たちと一緒に、船に皆さん、乗ってくれるのであれば、目いっぱいの拍手をお願いします! 北海道の皆さん、日本中の皆さん、かわいい選手たちと一緒に、船に乗ってくれますか?



演出がひらめいたのは1週間前。「カウンタックの白を探して、もし赤だったらフェラーリで行こうと。雪をイメージして登場したかったんで。実はあの車、タイガース時代に乗っていたので、運転も簡単にできた。エンストだけは避けようと。格好悪いので(笑い)」。日本ハムの一員としては、日本一となった06年、感動の胴上げで宙を舞って以来の札幌ドーム。「とにかく、プロ野球を何とか変えたい」。緊張とワクワクで胸いっぱいになりながら、10分間の“ワンマンライブ”を終えた。


若い選手が多く、成長途上のチームを「ボロい船」に例えた。「強いチームじゃない。シーズン中は、いろいろなことがある。船が壊れ始めたり、嵐の時は、皆で壊れた場所を直しながらゴールにたどり着こうという思い」と、指揮官としての覚悟をにじませた。



約1万8000人の前で、こう叫んだ。「来年から、ヒーローは僕じゃありません! かわいい選手たちと、皆です!」。新たに始まる“新庄劇場”を、野球ファンは待っている。


さすがビッグボスといったド派手な登場に、新庄監督がどんな演出で登場するのか楽しみにしていたファンは大喜び。新庄ビッグボスの問いかけに何度も大きな大きな拍手で応えていた。


ビッグボスは27日に自身のインスタグラムで「11月30日のファイターズファン感謝デーにこれで登場しようと慌ててマジシャンにコンタクトを取ったが、仕掛けを作るのに5日足りなかった」とつづり、宙に浮かびながら回転するマジシャンの動画をアップしていた。


◆新庄監督とランボルギーニ イタリアが誇る自動車メーカー「ランボルギーニ」は、新庄監督が愛してやまないスポーツカーの名門ブランドだ。小学校1年生の頃から同社の名車種カウンタックにあこがれ、阪神入団4年目の93年、カウンタックで登場。95年オフの契約更改交渉には、ランボルギーニ・チータで乗りつけた。排気量5000CCというスーパー4輪駆動車の見た目はまるで戦車で、居合わせた報道陣を驚かせた。また、同じイタリアの「フェラーリ」乗車歴も長い。名車360モデナなど、日本ハムの選手時代は赤のフェラーリをさっそうと乗りこなした。

新庄ビッグボスは「帰ってきました!」!白いカウンタックに乗ってド派手登場shin 新庄ビッグボスは「帰ってきました!」!白いカウンタックに乗ってド派手登場shin Reviewed by RichKid on 12月 01, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.