SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

札幌のホテルで神田沙也加さん急死…父・神田正輝と電話していたsa

 女優・神田沙也加さんが、亡くなったことがわかりました。所属事務所が公式サイトで発表しました。



これまで神田沙也加を支えてくださった皆様にご報告させていただきます。


応援してくださったファンの皆様、お世話になった関係者の皆様にこのようなご報告を差し上げることは大変残念でなりません。


私共もまだ信じ難く、受け止めることができない状況でございます。


詳しい状況は現在調査中ですが、マスコミの皆様におかれましては、ご親族への取材や、憶測での記事掲載などはご遠慮くださいますよう、切にお願い申し上げます。



女優の神田沙也加さん(35歳)が札幌市内のホテルの高層階から転落し、死亡したことが18日、分かった。北海道警は自殺を図った可能性もあるとみて調べている。関係者によると、神田さんは18日昼頃、体に血がついた状態でホテルの14階の屋外スペースに倒れていたところを発見された。意識不明の状態で病院に搬送されたがその後、死亡が確認された。


神田さんはこの日、主演ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の札幌公演(札幌文化芸術劇場)の昼公演(正午開演)に出演する予定だった。午前11時頃まで神田さんと連絡がつかなかったため、ダブルキャストで主人公イライザ役を演じている元宝塚宙組トップスターの朝夏まなと(37歳)が急きょ代役を務めた。スタッフや共演者には「神田さんは転落して現在重篤な状態です」との説明があり、神田さん以外の主要キャストも変更された。


今作では11月14日の東京・帝国劇場から始まった同公演は全国を巡り、来年1月28日に福岡・博多座で千秋楽を迎えるはずだった。



神田さんは1986年、歌手の松田聖子(59歳)と俳優の神田正輝(70歳)の間に生まれた。2002年5月に「ever since」で歌手デビュー、翌03年に映画「ドラゴンヘッド」で本格的に女優デビュー。両親譲りのルックスと歌声で人気を博した。


その後はミュージカルなどの舞台に軸足を移し、14年のアニメ映画「アナと雪の女王」で主人公の王女アナ役の日本語吹き替えを好演。劇中歌「生まれてはじめて」の評価も高くブレイクした。来年4月からのミュージカル「銀河鉄道999」でもヒロイン・メーテル役に決まるなど、仕事も順調とみられていた。



私生活では17年に俳優の村田充(44歳)と結婚を発表したが、19年に離婚した。


神田 沙也加さんは1986年10月1日生まれで、所属事務所の公式プロフィールによると2001年CMで芸能界デビュー。


2002年歌手としてシングル「ever since」をリリース。2003年「Into the Woods」で舞台初出演後、舞台を中心に女優としてのキャリアを積み、第43回菊田一夫演劇賞受賞。声優としては、ディズニー映画「アナと雪の女王」で日本語吹替版アナ役を担当し、第9回声優アワード主演女優賞を受賞。その他にも映画、テレビアニメ、ゲーム、ラジオパーソナリティーとして多岐にわたり活動中だということでした。

札幌のホテルで神田沙也加さん急死…父・神田正輝と電話していたsa 札幌のホテルで神田沙也加さん急死…父・神田正輝と電話していたsa Reviewed by RichKid on 12月 19, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.