SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

「完全にスーパーモデル」原英莉花は黒の絢爛ノースリーブドレス披露…西村優菜シックな黒ドレス姿hara

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は21日、都内のホテルで2020-21年シーズンの年間表彰式を開催し、各部門の受賞者を発表した。今季活躍した選手たちは華やかにドレスアップして出席。原英莉花(日本通運)は日立3ツアーズ選手権の優勝メンバーとして「特別賞」を受賞した。会見ではクリスマスに師匠のジャンボ尾崎に挨拶に出向くことを明かした。



20年は日本女子オープン、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップで国内メジャー2連勝を飾った原。21年は11月の大王製紙エリエールレディスで1年ぶりの優勝を果たし、シーズン3勝で賞金ランク8位に入った。特に、今年終盤は腰痛も抱えながら奮闘したシーズン。式典には、173センチの長身を生かし、煌びやかなノースリーブのロングドレス姿で登場した。


原はドレス選択の決め手について「この舞台にふさわしい、華やかなものを選んだ」と説明。「今まではロングドレスに挑戦したことがなかったですけど、初めて挑戦してみました。ヒールを履いても、引きずりそうな長いドレスは初めてだったので、少し歩くのに気を使いました」と照れた。



「本当に長かったので、開幕が凄く昔のように感じます。メジャー優勝もあり、海外メジャー挑戦の機会もあり、経験としては充実していたなと思うけど、上を見て戦おうとする上で足りないものが見えて、追求していく上で怪我だったり、もどかしい時も過ごしながら今年の半ばは苦しかったです。最後優勝という形で締めくくれて、長かったけど、楽しい1年でした」


会見では1年をこう振り返った原。シーズン中から師匠のジャンボ尾崎への挨拶に行きたい旨を明かしていたが、そのことについて問われると「実はクリスマスに伺うつもりです。(腰の)治療メインでずっとやっていました」と自ら明かした。「一緒に練習か、ディナーか」との質問には「できれば練習で……あとはディナー?ですかね」と笑顔だった。



同じ黄金世代の渋野日向子が来季の米ツアー出場権を獲得。連絡を取ったか問われると「マネージャーさんと取りました。シブコの写真付きで(連絡が)来たので『おめでとう』と言いました。直接は言ってないですけど、写真付きだったので(マネージャー経由で)伝わっているかな」と笑みをこぼし、自身の米挑戦については「刺激をもらえるなら、自分の身体と相談しながら上を見て、戦いたい」と意欲を示した。


一方、資生堂ビューティー・オブ・ザ・イヤーを受賞したルーキーの西村優菜は「今シーズンは複数回の優勝もできて、プラスとしてこんなステキな賞をいたたいて本当にうれしい」と喜んだ。



賞の名前にふさわしい、シックな黒のドレス姿で登場。ゴルフ場とは違う雰囲気で周囲の目を引いた。「ドレスは自分で選びました。普段はおとなしく見えるから、今日はドレスで大人っぽくしていこうと、そこを意識しました」と笑顔で話した。


「複数回優勝と賞金ランク5位以内」の目標を掲げた今季は20年の初優勝から、21年には3勝の合計4勝で、賞金ランキングも5位に入った。同じミレニアム世代で賞金ランク2位になった古江彩佳とともに、女子ゴルフ界を盛り上げた若い力となった。



22年へ「日本ツアーで複数回優勝してロレックスランキングをしっかり上げて、海外メジャーに挑戦できるようにしたい」とさらなる飛躍を誓った。

「完全にスーパーモデル」原英莉花は黒の絢爛ノースリーブドレス披露…西村優菜シックな黒ドレス姿hara 「完全にスーパーモデル」原英莉花は黒の絢爛ノースリーブドレス披露…西村優菜シックな黒ドレス姿hara Reviewed by RichKid on 12月 21, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.