SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

窃盗で自由契約のソフトバンク・古谷優人にファン落胆…「大変申し訳ない」と謝罪fu

 選手ロッカーでチームメートの私物を窃盗したとして自由契約となったソフトバンク・古谷優人投手(22歳)に対し、ファンからは落胆の声が相次いだ。



古谷は2017年にドラフト2位で入団。今季プロ初勝利を挙げた22歳で、2019年には日本人左腕史上最速の160キロをマーク(3軍戦のため非公式)した。現役のプロ野球選手による窃盗の判明というだけでなく、将来を有望視されていた選手だっただけに、ネットでは「期待してたのに…」「え? え?」「びっくり」「来年楽しみだったのに」と動揺が広がった。


球団は24日に、古谷と来季選手契約を締結せず保留権を放棄し、野球協約第74条に基づき契約保留期間を終了させ、コミッショナーへ自由契約選手公示の申請を行うと発表。同僚の選手1人からロッカー内での私物盗難被害の申し出があり、警察に相談し調査を行った結果、古谷が窃取していたことが判明した。本人に聴取したところ、事実関係を認めたという。



球団によると、被害に遭った物品は「高価な私物」で、すでに本人に返還されている。盗難を受けた選手は被害届を出す意向はない。また、本人は「大変申し訳ないことをした」と話しているという。


ソフトバンクでは今年、ペイペイドームのロッカー内から選手用具を盗んだ清掃員が逮捕されたばかり。今回の件とは違うものの、三笠GMは「ファンの皆様、球界関係者に、深くお詫びするとともに再犯防止へ防犯対策の強化をしたい」と語り、見回りやロッカー内金庫の活用などで対策するという。



プロ5年目の今季は13試合に登板して1勝1敗、防御率2・03をマーク。今月8日には、血行障害で左手中指と薬指の手術を受けたばかりだった。


手癖の悪い同僚とロッカールームを共有したい選手はいないと思う 身内に窃盗犯がいるなんて考えただけで疑心暗鬼になる。


野球はチームプレーと言われる中、古谷選手を救済する手段はあるんだろうか 実力で評価される世界なので何とも言えないが、それ以前の問題ではないだろうか。



ソフトバンクがしっかり自由契約にしたのに驚いた。古谷選手は将来有望株だから例えば「厳重注意」とか「無期限謹慎」みたいな中途半端な対応で終わらせて数ヶ月後謹慎解除で何事もなかったかのように練習再開させることだってやろうと思えばできるわけで…(実際そういうことをした球団がある)しっかりと契約を切ったのは素晴らしい?というか良かったと思う。もしそのままチームに残ってもムードが悪くなるだけだろうし、いくら有望株でも社会人として人間としてダメなことをしたわけだから。

窃盗で自由契約のソフトバンク・古谷優人にファン落胆…「大変申し訳ない」と謝罪fu 窃盗で自由契約のソフトバンク・古谷優人にファン落胆…「大変申し訳ない」と謝罪fu Reviewed by RichKid on 12月 25, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.