SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

「よく誤解されるんですよ」トヨタ自動車・豊田章男社長が明かすへの本音…完全EV化だと、何が問題になるのですか

 日本政府は「2050年カーボンニュートラル」を掲げ、脱炭素の取り組みを産業界に求めている。電気自動車の開発、普及などに注目があつまるなか、トヨタ自動車の豊田社長が「文藝春秋」のインタビューに初めて応じ、カーボンニュートラルおよび電気自動車(EV)に対する考え方を詳細に明かしている。



――豊田社長ご自身は日本自動車工業会の会長として、「全てをEVにするのは違うと思う」と、持論を展開されており、EV反対派のイメージを持たれています。


豊田:そう、よく誤解されるんですよ。ここできちんと説明させていただくと、まずトヨタは基本的にEV導入には賛成です。2030年には、EVとFCV(燃料電池自動車)の販売台数を200万台にする目標を掲げていますし、車載用電池に対する投資額は断トツで業界1位を誇っています。


ただ、脱炭素の手段をEVに絞るのではなく、他の選択肢も用意すべきじゃないかと考えています。今はEVだけが正解だとするEV推進派の企業や政治家たちが一つの大きな派閥になっていて、彼らは「全EV化すればカーボンニュートラルは達成できる」と主張するばかりで、日本の現状が全く見えていないように思えます。



――完全EV化だと、何が問題になるのですか。


豊田:まず日本のエネルギー事情を理解する必要があります。エネルギーは「作る」「運ぶ」「使う」という三つの工程がありますが、その流れの中で発生する二酸化炭素を2050年までにゼロにしようというのが、現在のカーボンニュートラルの目標です。


自動車が位置するのは「使う」セクションなので、ガソリンを使わないEVに置き換えれば、二酸化炭素の排出はなくなる。ところが、EVで使用する蓄電池の生産には多くの電力が必要であり、その電力が火力発電由来の場合、生産時にかなりの二酸化炭素を排出する。日本は火力発電の割合が75%と非常に高いため、自動車の電動化だけでは二酸化炭素の排出削減につながらないのです。



「決してEVに否定的な立場ではない」


また、国内の全乗用車をEV化した場合の必要な電力量を試算したところ、電力ピーク時での発電能力でもまかなえず、原子力発電なら10基、火力発電なら20基の増設が必要になるのです。


カーボンニュートラルにおいて、あくまでも敵は炭素であり、内燃機関ではありません。トヨタはEV、ハイブリッド、FCVなども手掛けるフルラインナップメーカーであり、長年にわたって技術やノウハウを蓄積してきました。各地のエネルギー事情に応じ、どの車が良いかを決めるのは市場やお客様だという考えで、決してEVに否定的な立場ではないのです。今後もこうしたトヨタの考え方を根気よく丁寧に説明していくつもりです。また年内にはカーボンニュートラルに関する新たな取り組みを発表しようと考えています。



――自動車工業会の会見では、「カーボンニュートラルは雇用問題である」とも発言されていました。


豊田:自動車を完全EV化するということであれば、クリーンな電力の量も少なく、コストも高い日本での生産は難しく、必然的に海外に生産拠点を移すことになる。そうなると国内の自動車産業に従事する550万人の雇用の多くが、一気に失われかねない。ひいては日本の自動車産業の存続危機につながることを危惧しています。


豊田社長が「今はEVだけが正解だとするEV推進派の企業や政治家たちが一つの大きな派閥になっていて」と言及しているように、電力やエネルギーにバックアップされた議員らを中心とした一大派閥があり、欧州などの方向性に沿った「EV加速派」を構成しています。一方、自動車産業は日本の基幹産業であり、内燃機関をはじめとする部品を作るサプライチェーンを守ることは、日本の産業や雇用を守るために重要なことです。



自民党内でも議論がされているところでしたが、党でまとめられた「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」では、「2035年までに新車販売で電動車100%を実現する」との注釈に、「電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド自動車及びハイブリッド自動車。」と記載され、「ハイブリッドもクリーン」で一旦は着地しています。今後、自工会、自動車産業を中心にこの問題は政局となる可能性も孕んでいます。


「この誤解」は、様々な関係者間にある。


メディア間での誤解。消費者間での誤解。自動車販売店間での誤解。


そして、最も大きな誤解は、トヨタを含めた自動車メーカー社内での誤解だ。



こうした誤解を生んでいる最大の理由は、ESG投資という名の、欧州基点での政治主導での経済政策にあることは明白だ。


筆者は世界各地で自動産業界の現場を巡る生活を続け、EVなど電動化については行政や民間企業と直接的に意見交換してきた。


それが2010年代後半になり、ESG投資というゲームチェンジャーによってEVシフトのシナリオが大きく変わった、という実感を持っている。



「誤解」というより「違和感」を持っている人が日本の自動車産業界には大勢いる。


このまま「違和感の本質」について情報共有できないと、日本の自動車産業は致命的なダメージを食らい兼ねない。そんな現実に今、日本は直面していると感じる。

「よく誤解されるんですよ」トヨタ自動車・豊田章男社長が明かすへの本音…完全EV化だと、何が問題になるのですか 「よく誤解されるんですよ」トヨタ自動車・豊田章男社長が明かすへの本音…完全EV化だと、何が問題になるのですか Reviewed by RichKid on 12月 10, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.