SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

富士通が謝罪!ニューイヤー駅伝の優勝旗が所在不明…さすがに「優勝旗」を処分するとは思えんけどcct

 富士通は16日、今年1月1日に獲得した全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の優勝旗を紛失したと発表した。東京都港区の本社で保管していたが、6月以降に保管場所である総務部門のフロア移動を実施。次回大会に向けて日本実業団陸上競技連合への返還の準備を11月下旬に始めたところ、所在が分からなくなっていることに気づいた。



これ優勝旗だから世間のニュースになっているけど会社なら当たり前のように重要書類や必需品、預かり品その他絶対に厳重に保管しなければならない「物」って一杯あると思います。


それらは例え何度フロア移動しようが、保管状況が変わろうが厳重に保管しなければならない事実は変わりません。


そういった物を紛失しましたなんて普段からどんな管理をされているのか聞いて呆れます。



優勝旗は縦106センチ、横115センチ、付属の棒は長さ201センチで、保管ケースに収められていた。複数回にわたるフロア移動では廃棄物を処分したといい、この過程で紛失した可能性がある。


21年元日の同大会で優勝した富士通は、来年元日の次回大会へ向け、優勝旗を日本実業団陸上競技連合に返還する準備を11月下旬に始めたところ、「所在不明が発覚」したとしている。


富士通の本社事務所では、6月以降にフロア移動をしていたという。このため、「保管場所を複数回にわたり変更していたため、紛失、誤廃棄、盗難等の可能性も含めて捜索、調査いたしましたが、現在も発見に至っておりません」と報告している。優勝杯は「現存しております」としている。



今後も優勝旗の捜索に全力を尽くすとした上で、「歴代の優勝チームへの謝罪等、誠意をもって対応してまいります。大変栄誉あるものをお預かりしていたにもかかわらず、このような事態を招いたことを深く反省するとともに、あらためて関係者の皆様にお詫び申し上げます」と謝罪。今後についても「今回の事態を重く受け止め、再びこのようなことがないよう、管理体制の徹底に取り組んでまいります」としている。


同大会は、実業団の駅伝日本一を決める大会で、現在は元日の風物詩になっている。



【富士通の発表をもとにした経緯】



1月1日、日本実業団陸上競技連合から優勝旗を受領


1月5日、当社本社事務所(汐留シティセンター)8階の総務部門内で保管


6月7日、本社事務所のフロア移動により総務部門の事務所を 8階から31階に移動



6月12日、8階の廃棄物を処分し、残置した保管品を9階に移動、その後8階は解約。この時点までは、優勝旗の所在を確認していたとしている。


9月12日、9階の廃棄物を処分


9月17日、9階の保管品を24階に移動、その後9階は解約


11月27日、総務部担当者が優勝旗の所在不明に気づき捜索開始



12月8日、日本実業団陸上競技連合に一報

富士通が謝罪!ニューイヤー駅伝の優勝旗が所在不明…さすがに「優勝旗」を処分するとは思えんけどcct 富士通が謝罪!ニューイヤー駅伝の優勝旗が所在不明…さすがに「優勝旗」を処分するとは思えんけどcct Reviewed by RichKid on 12月 16, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.