SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

「BTSを外した紅白歌合戦はオワコン」…NOJAPANはどうした?

 大みそかに放送される紅白歌合戦で、韓国の人気アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」を選出しなかったことについて批判した韓国メディアの報道が大きな反響を呼んでいる。



韓国メディア・中央日報は「かつて紅白歌合戦は日本国内の韓流熱風の指標でした」と紹介。2002~07年に6年連続出場したBoA、08、09年に東方神起が出場し、「第2次韓流ブーム」が起きた11年には東方神起、KARA、少女時代の3組が同時出演したことを取り上げた。


その後、12年に李明博元大統領が竹島訪問後に日韓関係が悪化し、韓国人アーティストのメディア露出も減った。紅白歌合戦も12~16年まで出場する韓国人アーティストがいなかった。そして、日本人、韓国人、台湾人の多国籍グループ・TWICEが17~19年に3年連続出場。世界的に人気が爆発したBTSの出場を望む声も高まったが実現していない。BTSのメンバーの一人が原爆が落とされた直後のキノコ雲と、韓国国民がバンザイしている写真がプリントされたTシャツを着たことが影響しているとも言われている。



中央日報は「今年も日本はBTS熱風でした。オリコンの集計によると日本で発売されたBTSのアルバム『BTS,THE BEST』は今月中旬まで99万3000枚が売れ、年間アルバム販売順位1位を記録しました。日本で外国人アーティストが年間アルバム販売1位に上がったのは1971年のエルビス・プレスリー、1984年のマイケル・ジャクソン以来BTSが初めてというのでどの程度の人気なのか想像が可能です」と論じた上で、「しかし今年の紅白歌合戦出演者名簿にBTSはありません。韓国発だが全員日本人メンバーで構成されたNiziUだけ名前を上げました。『視聴者の多様な要求を考慮する』というのが放送局側の論理だが、実際の日本国民の人気を無視して閉鎖的な選択を繰り返した結果が紅白歌合戦の没落で現れたという指摘は避けられそうにありません」と批判した。


テレビ関係者は「BTSは米国でロサンゼルス公演を行い、韓国に帰国した際にメンバー3人が新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたことが明らかになっている。結果論になりますが、紅白歌合戦に選ばれていたとしても出場を辞退していたでしょう。オミクロン株の市中感染が確認されていますし、感染爆発を防ぐためにも海外のアーティストが出演することに各テレビ局は慎重になります。そもそも、BTSは長期休暇中なので出演オファーを出しても断る可能性は十分に考えられる。彼らが出ないのが紅白歌合戦の衰退を象徴しているという指摘はちょっと違うかなと思います」



SNS、ネット上では、「日本国民向けの放送なのでそれはそれで良いのではないでしょうか?一時期と比べ人気離れは否めないがそれでも他の番組の視聴率とは雲泥の差。オワコン?まだまだ続くと思います。私は毎年楽しみにしています」、「紅白が時代遅れなのはそう思うけど、日本の番組なので海外アーティストが来ない方が普通だと思います。海外アーティストはそれぞれの国やイベントなどを企画して年越しするでしょうし…」などのコメントが。


海外の人気アーティストが出演しないことだけが、「紅白離れ」の一因ではないだろう。

「BTSを外した紅白歌合戦はオワコン」…NOJAPANはどうした? 「BTSを外した紅白歌合戦はオワコン」…NOJAPANはどうした? Reviewed by RichKid on 12月 30, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.