SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

住之江SGは大惨事というしかない…峰竜太が妨害失格など4艇が転覆

 史上最悪、まさかの大波乱となった。ボートレースの第36回グランプリ(SG)の優勝戦が19日、大阪市内のボートレース住之江で1800メートル、3周のコースで行われ、圧倒的な人気を背負った1号艇の峰竜太(36歳、佐賀)が1周1マークでターンマークに接触し横転する大クラッシュを起こした。後からきた3艇が転覆して、6艇中4艇がゴールできなかった。3コースから全速ターンを決めた瓜生正義(45、福岡)が1分52秒7で優勝し、白井英治(45、山口)が2着に続いたが、3連単などは不成立。ボートレース史上最悪となる約41億円返還の大惨事となった。一体、何が起きていたのか。



その瞬間、ボートレース住之江に詰め掛けた1万人のファンから悲鳴が上がった。


まさかのアクシデントが発生したのは勝負所の1周1マーク。単勝1.0倍という圧倒的な1番人気に支持された1コース1号艇の峰が、3コースから“ツケマイ”と呼ばれる強烈な捲りを放った瓜生に飲み込まれたのだ。


手応え十分の瓜生の攻撃に賞金レースでトップを走る峰でも焦ったのだろう。1コースからのスタートは決して悪くなかったが、瓜生の全速ターンがあまりにも鋭すぎた。必死で応戦しようとしたものの、いつもの冷静なハンドルさばきは影を潜め、あろうことかターンマークに激突。これに後続艇が相次いで乗り上げ、大クラッシュとなった。2コースから差した丸野一樹(30歳、滋賀)、5コースからまくり差しを狙った平本真之(37歳、愛知)が次々と乗り上げ、6コースの毒島誠(37歳、群馬)も避けきれずに巻き込まれた。



瓜生が単独で悠々と逃げ、続いて白井が追うが、もう他のボートは見当たらない。6艇中4艇が転覆したことにより、券の売り上げの大多数を占める3連単、加えて3連複も不成立となり、発売額の96%にあたる41億1426万3700円が返還されることになったのである。過去のワースト返還は、2002年の宮島グランドチャンピオンで西島義則と熊谷直樹の2選手がフライングを切り、24億3513万3800円の返還があったレース。だが、今回はその額を大きく上回る史上最悪のレースとなった。


あと1艇でもゴールしていれば、舟券がすべて成立していた。それだけに主催者サイドは、大痛手だろうが、瓜生の頭から3連単の舟券を買っていたファンからすれば、“師走の夢”が泡と消えたのだから悔やんでも悔やみきれない。


スタンドの悲鳴は、やがて罵声交じりのタメ息に変わってしまった。



レース後のピットは“お通夜”のように静まりかえったのは言うまでもない。大惨事の原因をつくり、妨害失格となった峰は、「油断したわけではない。瓜生さんがうまかった。ターンマークにぶつかる前にまくられていました。大勢の人に迷惑を掛け、申し訳ないです」と顔色をなくし、平身低頭。何度も頭を下げ、「申し訳ない」を繰り返した。


峰は、実力と人気を兼ね備えた“最強レーサー”だ。昨年は、約2億5000万円を稼ぎ、賞金王とともに各賞を総なめにして、このグランプリにも勝った。


36回目を迎えたグランプリは、賞金1億円がかかるボート界の1年の総決戦とも言える特別なレースである。賞金ランクの上位18選手だけしか出場できない。そこに今年も峰は、賞金ランク1位(約1億5700万円)で乗り込み、予選をトップ通過。決勝でもボートレースで圧倒的に有利な1号艇をつかみ、連覇に向けてのシナリオに狂いはなかった。断然の人気になるのは当然だったが、そこにまさかの悪夢が待ち受けていたのである。



なぜ大波乱が起きたのか。予兆はあった。


ボートレースは、進入と呼ばれるスタートのコース取りの争いから駆け引きが始まる。通常は、枠順通りの“枠なり”で1号、2号、3号艇がスロー(前の位置)、4号、5号、6号艇がダッシュ(後ろの位置)と順番に並ぶのであるが、最内を回る1号艇が、断然有利のため、時折、ひとつでも内側のスタート位置を取ろうと“前付け”と呼ばれる積極策に出る選手が出てきて番狂わせを起こす。この日は、5号艇の白井が、その進入で動いた。


ボートレースは、締め切り前にスタート展示と呼ばれるリハーサルを直前に行い、ファンに、どんな進入になるのか、エンジンの調子はどうなのか、などを紹介しタイムなどの詳細データも出る。競馬のパドックのようなものだが、そこで白井は“前付け”を敢行していた。



そして本番でも動き、「思い切っていく自信がなかったのでコースは譲らないつもりでいた」という4号艇の瓜生は、内側のコースに入れさせまいと必死に抵抗した。


しかし、3号艇の“クセモノ”の平本が外に出してのダッシュを選択。進入隊形は、意外にも1号、2号、4号、5号艇がスロー、3号、6号艇がダッシュの4対2の隊形になったのである。1コースの峰の進入は130メートルラインを割るくらいに前の位置からのスタートとなり、その心理に微妙な影響を与える。住之江のスタンドからは、ざわめきが起こった。


トップスタートを決めたのは、勝負に出た4コースの5号艇の白井だった。しかし、これを3コースの4号艇の瓜生が受け止めて、伸び返し、鮮やかな“ツケマイ”を決めて見せたのである。


波乱を生み出した白井は、2着に終わったレース後、「足を重視して乗り心地が良くなかった。こんなレースになって残念」とやるせない表情だったが、勝利への執念はだれにも負けていなかった。白井は、元々、スロースタートを得意としており、進入の“前付け”の戦略を取ることで知られるレーサー。初タイトルに向けて仕掛けるのも当然だった。


約41億円の返還となったが、レースは成立し、グランプリに勝ったレーサーだけが手にすることのできる「黄金のヘルメット」を瓜生がかぶった。前日の6着で4号艇になっていたが、エンジンの仕上がりは悪くはなかった。プラスして見事なスタートと、ハンドルさばきでの全速ターンだった。


これで5年ぶり2度目のグランプリを制覇。SG11勝目とした45歳のベテランは「信じられない。事故が起こったので複雑。4人が心配です。今年は、結果が残せずモヤモヤした1年で、活躍した感覚はなかった。ただ、11月くらいからエンジンも動いてくれだした。違う流れ、運がむいてきた。ツキがあったと思う」と、控えめの笑顔でレースを振り返った。賞金総額は、約1億8000万円となり、峰を抜き一気にトップに躍り出た。


6人のレーサー全員が最後までギリギリの勝負にこだわったゆえに大波乱となった1億円バトル。転覆した4人に大事はなかったことが幸いで、多くのファンが、「想定外なのがギャンブル」と割り切った表情で、最後には勝者の瓜生に熱い拍手と声援を送っていたのが印象的だった。


ともあれ大怪我した選手がいなくて何より!

住之江SGは大惨事というしかない…峰竜太が妨害失格など4艇が転覆 住之江SGは大惨事というしかない…峰竜太が妨害失格など4艇が転覆 Reviewed by RichKid on 12月 20, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.