SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

不破聖衣来が日本歴代2位、U20世界歴代5位で世界陸上標準突破!!高橋尚子氏も認める逸材が躍動

 12月11日に行われた関西実業団ディスタンストライアルin京都2021(京都・たけびしスタジアム京都)女子10000mで18歳の不破聖衣来(拓大1)が30分45秒21をマークした。日本歴代2位でU20世界歴代5位、U20日本最高と学生新記録。オレゴン世界選手権の参加標準記録を突破した。



不破はこのレースが初の10000m。スタートから先頭に立ってレースを進め、5000mを15分31秒で通過。独走状態でも後半はペースを上げ、残りの5000mは15分14秒で走破する驚異的なスピードで駆け抜けた。最後の1000mは2分59秒でカバーした。


10月の全日本大学女子駅伝(仙台市)の最長区間5区(9・2キロ)で従来の区間記録を1分14秒も更新する28分0秒で走破。今春拓大に入学した18歳は、2008年に絹川愛が記録したU20(20歳未満)日本記録の31分23秒21、小林成美(名城大)が今夏に記録した日本学生記録(31分22秒34)を大幅に塗り替えた。



昨年12月に新谷仁美(積水化学)が記録した30分20秒44にはおよばなかったが、来夏の世界陸上(米ユージーン)の参加標準記録(31分25秒00)も悠々と突破。年末には全日本大学女子選抜駅伝(静岡)も控えており、そこでも快走が期待できそうだ。


不破聖衣来が「まさか30分台が出るとは思わなかったので。うれしかったのと、ビックリしました」


これがトラックで挑む初めての1万メートルながら、序盤から先頭に立ってレースを進める。ほぼ全ての選手を周回遅れにするなど、最後までペースは落ちず走りきった。



不破聖衣来が「(五輪を)今までは遠く感じていたけど、今回、30分台が出せた。これを自信にして、確実に五輪を目指していきたいと思います」


3年後のパリ五輪に向け、日本女子陸上界の新星は力強く語った。


女子10000mの日本歴代10傑をチェック!



30.20.44新谷 仁美(積水化学) 2020.12.4

30.45.21不破聖衣来(拓大)2021.12.11

30.48.89渋井 陽子(三井住友海上)2002.5.3

30.51.81福士加代子(ワコール) 2002.10.8

31.00.71廣中璃梨佳(日本郵政グループ)2021.8.7

31.09.46川上 優子(沖電気宮崎)2000.7.1

31.10.02絹川  愛(ミズノ) 2011. 6.22

31.10.02五島 莉乃(資生堂) 2021.12.10

31.11.56一山 麻緒(ワコール) 2020.12. 4

31.15.34羽鳥 智子(第一生命) 2004. 4.25



◎不破の自己ベスト


1500m4分24秒50(18年/高1)

3000m9分07秒48(21年/大1)

5000m15分20秒68(21年/大1)

10000m30分45秒21(21年/大1)



17年熊本全中1500m優勝と中学時代から世代トップで活躍してきた不破。群馬・健大高崎高時代は貧血などで結果が出なかったが、今年に入って復活の兆しを見せ、7月のホクレン5000mで15分20秒68の学生歴代2位をマークし、9月の日本インカレ5000mでも優勝。10月の全日本大学女子駅伝では5区で区間新をマークし、チームの3位入賞に貢献した。

不破聖衣来が日本歴代2位、U20世界歴代5位で世界陸上標準突破!!高橋尚子氏も認める逸材が躍動  不破聖衣来が日本歴代2位、U20世界歴代5位で世界陸上標準突破!!高橋尚子氏も認める逸材が躍動 Reviewed by RichKid on 12月 11, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.