SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

シバターがまたも番狂わせの勝利!久保優太を秒殺で大みそか2連勝

 格闘技イベント「Yogibo presents RIZIN.33」(2021年12月31日、さいたまスーパーアリーナ)MMA特別ルール(90キロ、3分×2R)



YouTuberで総合格闘家のシバター(36歳)がまたもまさかの金星を挙げた。元K-1王者の久保優太(34歳)と対戦し、1ラウンドで飛びついての腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。リング上では前半おふざけのムーブを見せながらも、一転の本気ファイトでRIZIN2連勝を飾った。一方の久保は2連敗となった。


シバターは昨年同様、ヘラヘラ三銃士、てんちむ、ヒカルとの炎上軍で生歌での入場。なんと昨年戦ったHIROYAもダンサーとして入場の列に加わった。



ユーチューバー仲間を従えて入場すると、リングネームをコールされた後、「伝説を見せてやる!」と絶叫。序盤はリングを逃げ回り、ロープワークやタイガーステップ(未遂)、さらにはリック・フレアーよろしく両膝をついて両手で相手に手加減を懇願するポーズも見せるなど、真骨頂のおふざけモードだった。


しかし、立ち技のスペシャリストの一瞬の隙を突いて右フックを入れてぐらつかせると、一気呵成(かせい)とばかりに組み付いて、最後は得意の飛びつきの腕ひしぎ十字固めを決めてタップを奪った。



試合直前まではドタキャンも示唆するなど逃げ腰だったが、一転の本気ファイトで大みそかを沸かせた。リング上では「本当にネタじゃなくて、今日このリングに上がるのが嫌でした。本当に昨日まで逃げたしたいと思っていた」と明かしつつ、「みんな俺が負けると思ったろ!おい、ざまあみろ!YouTuberは強いんだ!」と、ドヤ顔で雄たけびをあげた。1ラウンドで腕ひしぎ十字固めを決め、勝利した。


シバターは昨年の大みそかでは番狂わせを演じ、元K-1のHIROYAに勝利。だが、今年は久保との対戦カードが決まってからは「実力差がありすぎる」と再三、棄権を示唆していた。



試合前日の計量では両者の体重差は12・45キロと体格ではシバターが有利。ただ、29日の会見でも「まだ契約書を提出していない。まだギリギリ、ワンチャンやめられるかなと。(怖いのは)本当なんですよ!みんな演技だと思っているけど」と弱腰な姿勢を見せていた。


終わってみれば、RIZIN2連勝。今大会で格闘技引退も示唆していたシバターは「来年は出ねえぞ!」と叫びながらリングを後にした。



今回の試合は、3分2R、判定なし、KO、一本のみの完全決着ルール。想定体重で15キロ以上の体重差があるが、体重の軽い久保は既に「グラウンド状態での足および膝による頭部、顔面への攻撃」を有効と選択しているため、計量時に15キロ以上の差があっても、上記攻撃は有効とみなされる。ただし、減点割合(イエローカード、レッドカード)に差が生じた場合は、減点割合の少ない選手を勝者とし、優勢勝ちとするMMA特別ルールとして行われた。

シバターがまたも番狂わせの勝利!久保優太を秒殺で大みそか2連勝 シバターがまたも番狂わせの勝利!久保優太を秒殺で大みそか2連勝 Reviewed by RichKid on 12月 31, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.