SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 …過去の摂食障害を告白x1

 モデルでデザイナーのマリエさんが11月24日にInstagramを更新。摂食障害を乗り越えてから、ようやくおにぎりが食べられるようになったことを報告しています。



「どの日本の医者様にも治らないと言われた10年を超える戦いだった摂食障害を乗り越えて。やっとおにぎりが食べれるようになった」とつづりながら、おいしそうにおにぎりを食べている写真を投稿したマリエさん。摂食障害を克服後、以前は太る恐怖心からシューマイの皮をはいで食べるなど炭水化物を食べない生活をしていたため代謝が上がらなくなっていたことを明かしながら、「今は少しずつ美味しい美味しいおにぎりをうまー! って感動しながら毎日食べてる」「こんな毎日がやってくるなんて想像もしていなかった」と自身でも驚いたようにコメントしていました。


マリエさんは4月1日のInstagramライブで、17歳から10年以上にも渡り深刻な摂食障害に悩まされていたことを告白。主な症状だった過食嘔吐(おうと)は、多い日には1日5回にもおよび、1日中食べ物のことしか考えられなくなっていたとのこと。罪悪感などから何度も死のうと思ったことがあるとも明かしていましたが、理解ある仲間との出会いや体質に合う食事を摂るようになって克服できたと伝えていました。



また、4月24日には「Self humming プロジェクト」としてコミュニティーを立ち上げを報告していました。


「#摂食障害」「#治る」「#諦めないで」と、同じような苦しみを持つ人々に向けたハッシュタグを添えたマリエさんに対し、コメント欄には「これから美味しいものたくさん食べていってください」、「マリエさんがお米を食べているというだけで感動します!」といったエールが多数寄せられている。


ファンからは「よかった 本当に本当に」「美味しそうに食べるマリエさんとても素敵です」と安堵(あんど)する声とともに、「マリエさんがお米を食べているというだけで感動します」と摂食障害を克服した姿に心打たれる声も届いていました。



シュウマイの皮だけ食べてたならともかく、本体のミンチ肉だけ食べても、全部食べるのと大差ないと思うんだが。肉団子食えるなら充分だと思うぞ。


うちの兄ちゃんは小さい時からガリガリのアンガールズ体型だが、兄ちゃんは目玉焼きは白身だけ、ワンタンは皮だけ食べてた。肉の部分は怒られてからようやく嫌々食べてた。


ほんまに食べへん人ってそういう食べ方する。

マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 …過去の摂食障害を告白x1 マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 …過去の摂食障害を告白x1 Reviewed by RichKid on 11月 26, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.