SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

新庄監督は自らグラウンドを整備する姿があった…現役時代の恩師から学んだ指導者としての哲学でもあったshi

 日本ハムの新庄剛志監督(ビッグボス)が8日、沖縄・国頭村での秋季キャンプを視察した。守備練習後には、自らグラウンドを整備する姿があった。



走塁練習、遠投、バント練習などを、自らスマホで撮影したり、機材の設定を行うなど積極的に関わりながら視察した新庄監督。守備練習の後には、グラウンド整備用のトンボを手にして丁寧に土をならした。


「あれは守備を終わって次の種目にいくまでに早く休憩させたいから。そしたら、次のプレーがまた集中力を持ってできる。コーチにも言ったんですけど、選手がノックを受けた後は、選手にはグラウンド整備をさせないでくれと。僕たちがやればいい。僕たちが心を込めてイレギュラーしないようにしてあげるためにやっただけであって。もう普通のことです」と意図を明かした。



監督自らグラウンド整備をする。そのきっかけは阪神時代の経験にあった。「これはね、タイガースに島野育夫コーチという人がいた。このコーチは選手にグラウンド整備をさせなかった。グラウンドキーパーの方たちにさせるんでもなくて、選手が来る前に俺たちがやるんだ、と。だから僕はグラウンド整備をほとんどやったことがない。その姿で、島野さんが言うことは間違いないという風に変わっていった。そんな思いでやった」と振り返った。


現役時代の恩師から学んだ指導者としての哲学でもあった。「これはね、タイガースに島野育夫コーチという人がいた。このコーチは選手にグラウンド整備をさせなかった。グラウンドキーパーの方たちにさせるんでもなくて、選手が来る前に俺たちがやるんだ、と。だから僕はグラウンド整備を、ほとんどやったことがない。その姿で、島野さんが言うことは間違いないという風に変わっていった。そんな思いでやった」。中日、阪神、楽天で監督を務めた星野仙一氏の名参謀として知られる島野氏が当時から「好きだった」。



島野育夫氏は阪神と中日でコーチを歴任。星野仙一監督の名参謀として両チームで優勝を経験した。07年に63歳で他界している。


若くして1軍定着を果たし、怒られることも少なかったというが、島野氏は違った。「僕、サイン1発目でミスをした。ものすごい顔の近さで怒られた。あの時、俺甘やかされていたんですよ。でも、島野さんがものすごい勢いで怒ってきてくれて、なんか島野さんに付いていきたいと思った」。外野守備コーチだった島野氏からは当時、「もう外野の監督はお前でいけ」と言われるほど、守備について意見を交わしながら信頼関係も築いていた。「僕は柏原(純一)さん、島野さんには、ものすごく大事にされた。そういう、いい部分は今もやっていきたいと思う」。恩師の精神を、BIGBOSS始動日から受け継いで実行していた。

新庄監督は自らグラウンドを整備する姿があった…現役時代の恩師から学んだ指導者としての哲学でもあったshi 新庄監督は自らグラウンドを整備する姿があった…現役時代の恩師から学んだ指導者としての哲学でもあったshi Reviewed by RichKid on 11月 09, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.