SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

朝倉未来、喧嘩マッチを謝罪「弱い者いじめをしていた」…強豪ポーランド人「一緒に練習しませんか」miu

 賛否両論が出ている中、朝倉が自身のYouTubeチャンネル『朝倉未来 Mikuru Asakura』で24日、「1000万企画に関して考えを改めました」と題した映像を配信した。



同番組で朝倉は、「明日から参加者と全員と会ってきますが、その前にこの動画を上げたいと思いました。賛否両論ある中で、批判も多くきています。直後に、自分の言い分を話させてもらいましたが、様々な意見を見てきて、客観的に映像を見返してみると、いい企画じゃなかったなと思いました。演者としてどうしなければいけないか、自分目線でしか見ていなかったことを反省しています。格闘技を広めるためにやっていたことなのに、いい広がりではなかった。弱い者いじめをしていたように見えて、よくなかったです」と反省の弁を述べた。


番組の企画が進んでいく中で朝倉は、萩原京平戦に出場することとなりケガをして延期になったこと、RIZINの大晦日の試合が迫る中で苦渋の選択をしていたことを吐露。手加減をしていたものの中途半端なこともできないため、力のコントロールが難しく、参加者にケガをさせてしまったことを後悔していた。



そして、「こういう企画は、もうやることはないです」とした上で、「路上の設定、ストリートファイトという言葉も良くなかった」と謝罪した。


朝倉がヒザをケガをしたというニュースも流れたが、「あと1、2週間すれば練習を再開できる」と報告し、どうやら大晦日には間に合いそうだ。


なお絶縁状態にあるシバターに対しては、「今回を最後に関係を絶たせてもらうが、彼が言っていることは一理ある」と一部の発言を認めた。またモハン・ドラゴンが手に唾をつけて朝倉の髪を撫でたことは、「許可をとった」とやらせ発言をしていたようだが、「そこは訂正させてもらう。やらせではないです。可能性があるとすれば、ABEMAの誰かが言ったかもしれないですけど、明日、本人に会うので確認します」とした。



最後に治療費だが、参加者は保険に入っていたようで朝倉が負担することはないようだ。否定的な意見が独り歩きするようなことだけは、避けたいところだ。


一方、オーディション選考で落ちした“総合格闘技ポーランド2位”のホイナツキ・パヴェウ(ポーランド)と“140kgラガーマン”のノッコン寺田が朝倉にメッセージを送っている。


イベント終了後、ネット上では、朝倉の強さを称賛する声が上がる一方で、弱い相手を選んだとの疑惑の声も浮上。選考漏れしたパヴェウとノッコン寺田がもし挑戦者だった違った結果にとの意見も見られた。特にパヴェウはABEMA YouTubeで公開されたオーディションでレベル違いの高速のパンチシャドウを公開していただけに注目されていた。



すると、朝倉は昨日22日の自身のツイッターで「街の喧嘩自慢で手加減しすぎて勘違いさせてしまったのが原因かな。ポーランドとかラグビーとか、にわかが言っているから言っとく。まあまあ強いだろうけど本気でやったら相手にはならない」と一蹴。


この投稿にポーランド人のパヴェウが「強いと思ってくれてありがとうございます。朝倉さんを尊敬するし、凄く強いと思います。日本トップの朝倉さんはポーランド人のプロに比べるとどんな感じなのかと気になった。見たい人結構いると思うが一緒に練習でもしませんか」と挑発的なリプライ。


また、“140kgラガーマン”のノッコン寺田はこのTwitter後、自身のYouTubeを公開。朝倉から申し込みがあったら受けるとしたが、現在のターゲットはポーランド人のパヴェウとなっており、ラガーマンのTwitterでは実現が近いことを匂わせている。



朝倉はもうこの喧嘩企画はやらないとしており、彼らとは練習での交流はあり得るかもしれないが、プロ格闘家として試合も控えており、難しいのが現状だろう。今回の企画で2人目の後藤祐樹戦で左膝を怪我したとも打ち明けたが、大晦日での朝倉参戦実現に期待したい。

朝倉未来、喧嘩マッチを謝罪「弱い者いじめをしていた」…強豪ポーランド人「一緒に練習しませんか」miu 朝倉未来、喧嘩マッチを謝罪「弱い者いじめをしていた」…強豪ポーランド人「一緒に練習しませんか」miu Reviewed by RichKid on 11月 25, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.