SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

京王線車内騒然「変な液体が顔に」…乗客は窓から慌てて避難するなど騒然としたli

 恐ろしいですね。事件の詳細を知りたかったけど、TVは選挙速報ばかりでネットで続報を待つしかありませんでした。



休日の車内は炎と煙に包まれ、一瞬にしてパニックになった。東京都調布市の京王線国領駅付近を走行中の車内で31日夜、男性が刃物を振り回して火を付け、多くのけが人が出た。駅に停車後もドアは開かず、乗客は窓から慌てて避難するなど騒然とした。


新宿に向かっていた八王子市のアルバイトの女性(21歳)は「爆発したような音が聞こえた後、たくさんの人が『逃げて』と言いながら避難してきた」と振り返る。別の車両に逃げたが、「おしくらまんじゅうのような状態で、『もっと奥に行けないのか』という声が飛んでいた」。



中央付近の車両にいた江東区の会社役員の男性(24歳)は「逃げる途中で振り返ると3、4人倒れているのが見えた。赤い炎や黒煙も見えて、ガスのような臭いも充満していた」と証言する。先頭車両までたどり着いた男性は、運転席のドアをたたき、何度も「とにかく止めてください」と運転士に叫んだという。国領駅に緊急停止したが、ドアが開かなかったため、「線路側の窓から飛び降りてホーム側に回り、乗客を次々と車内から外に出した」と振り返った。府中市のフリーターの女性(21歳)は「駅の外でしゃがみこんでいる女性の背中をさすって『どうしたの』と聞くと『変な液体を顔にかけられた』と言っていた」と話した。


山梨県上野原市の会社員の男性(32歳)は窓からホームに転がるように脱出した後、盾を持った警察官が「刃物を持った男がいるぞ」と言うのを聞いた。「車内に取り残されたように座っていた男が、警察官に取り押さえられていた」。声を上げたり暴れたりしている様子はなかったという。



取り押さえられた男性を車内で見た人もいた。同じ車両に乗っていたという男性(34歳)は「誰かが『包丁を持っているから逃げろ』と言ったので逃げた。金髪で眼鏡をかけているように見えた」、20代の男性は「刃物を持った男がゆっくり近づいてきて、そのまま1メートルくらいの距離まで縮まった。人があふれているそばで立っていた」と証言した。


警視庁などによると、男性は逮捕された際、手に刃物を持っていた。取り押さえられたのとは別の車両で男性を刺し、また別の車両に火を放ったとみられるという。山梨県の男性は「まさかこんな事件が目の前で起こるなんて。停車後、すぐに車内から逃げられなかったのも怖かった」と語った。



京王電鉄本社(多摩市)は対応に追われた。事件発生から間もなく、急きょ出社した社員は「情報収集中」と足早に社内に入っていった。


運転士だっていきなり走行中に乗客から血相を変えて電車を停めろと叫ばれたら怖かったと思う。緊急性を察知し最大限乗客の安全確保を優先とした緊急停止だったと思うけれども車両の中にいた乗客は本当にホームに逃げ出すまでが長く感じられただろうね…



犯人の事件後の姿なのかシートに座って平然とタバコをふかしている映像を見たけれども異様だった。


自分とは全く無関係の人の日常を奪う事件が目につくけれども本当にやめて欲しい。パニックになり逃げ惑う映像は怖かった。

京王線車内騒然「変な液体が顔に」…乗客は窓から慌てて避難するなど騒然としたli 京王線車内騒然「変な液体が顔に」…乗客は窓から慌てて避難するなど騒然としたli Reviewed by RichKid on 11月 01, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.