SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

朝倉未来は因縁の現役王者をパンチで衝撃KO!96秒で3人の挑戦者を返り討ち

 20日、『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』が行われ、朝倉未来が調印式で屈辱の挑発行為を受けたBigbangウェルター級の現役王者であるモハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾)と対戦。「失神させる」とまで豪語したモハンをスタンディングの攻防から左右の連打でわずか37秒で沈めて見せた。



番組の冒頭では、実況・解説者から髪をつかんでの攻撃以外に頭突き、ヒジ打ちありであることも明かされた。


朝倉は髪型をコーンロウにしている。髪を掴まれにくくする対策か。


因縁の始まりは18日に行われた調印式でのこと。2人目の挑戦者として登場したモハン・ドラゴンが自らのツバを手に吐き掛け、その手で朝倉未来の頭を掻きむしる衝撃行動に出て調印式の空気を一瞬にして凍り付かせた。予想外の挑発を受けた受けた朝倉は目を見開き正面を見据えると、乱れた髪、さらに心を落ち着かせるようにゆっくりと髪をかき上げてその場を収めたが、本番での対戦に向け、暗雲が垂れ込めたのは誰の目にも明らかだった。



この日に向けて髪形をコーンロウに変えるなど本気度をうかがわせた朝倉。注目のファイトはモハンが待つ倉庫での戦いとなった。互い距離にパンチと蹴りで距離を探り合う二人。その後、モハンが左フックで距離を詰めると、そこに朝倉が左フックを合わせ、続けざまに左、さらに右アッパーを合わせ、スタンディンの攻防のみでモハンを沈めた。わずか37秒の出来事だった。


調印式では現役王者であるモハンに対して「結構ガチが来た。リスクの大きい強い相手が来た」と率直にその実力を評価した朝倉。RISE世界フェザー級王者の那須川天心が認める豪腕については「当たらない。問題ない。喧嘩の巧さを見せる」と話し「1分以内(で倒す)」と宣言。さらに「キックボクサーなんでね。総合格闘家に喧嘩を売ったらどうなるかを教えてあげますよ」と言い放っていた。



時間になると4人が同時に放たれ、出会ったら戦いがスタートする。試合場は野外、コンビニ店内、倉庫などと紹介された。そして立会人は船木誠勝が務め、サブレフェリーも2人が用意された。


当初は4連戦の予定だったが、元KAT-TUNの田中聖がけがのため欠場し、挑戦者は3人。1人目の挑戦者だった逮捕歴10回の“会津の喧嘩屋”久保田覚さんをわずか14秒で片づけると、元アイドルの後藤祐樹は45秒で仕留めた。3人目はBigbangウエルター級現役王者モハン・ドラゴン。現役の格闘家が相手だったが、パンチを叩き込み37秒で終わらせた。



21:35に3人の挑戦者たちが放たれ、それぞれが好きな場所を選ぶ。「傷害で逮捕歴10回」「会津伝説の喧嘩屋」「超危険人物」の久保田覚はお祭り会場、ゴマキの弟・後藤祐樹はコンビニ、そしてBigbangウェルター級(67.5kg)王者でK-1にも出場したモハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾)は倉庫をそれぞれ選んだ。


21:41に朝倉未来が控室から外へ出ていく。そして一直線に野外のお祭り会場にいた久保田の元へ。久保田はセットのベンチを投げつけ、ベンチは粉々に。朝倉はパンチを繰り出しながら前へ出ると左ヒザ蹴りを突き刺し、ダウンした久保田にパウンド、わずか14秒で決着をつけ、朝倉は次の挑戦者の元へ。



21:55頃、朝倉は後藤が待つコンビニに到着。朝倉が姿を現すと陳列されていた商品を投げつけた後藤は突っ込んで頭突きに。襲い掛かる後藤を朝倉は首相撲からのヒザ蹴りで迎え撃ち、フロントチョークの体勢から持ち上げる。これが極まらないとみると、朝倉はそのまま豪快に後ろへ投げる。そして朝倉がよく狙ってパウンドを打ち込み、一発蹴りを入れると最後は左のパウンドで45秒KO。朝倉は振り向きもせず、次の挑戦者の元へ立ち去った。


朝倉は髪の毛をつかんでの打撃攻撃も可能な“喧嘩ルール”対策だろうか。髪を編み込んだコーンロウで登場。ストリートファイトの会場は芝生が中央にあり、まわりには屋台や、倉庫、コンビニような建物もある。どこで戦うかは自由のようだ。


まずは久保田さんを文字通りの秒殺だ。左膝を叩き込むと久保田さんはもん絶。朝倉はこれを逃さず、パウンド。立会人がストップするまでわずか14秒だった。


続いては後藤。コンビニのような場所で対峙すると、首を極めながらバックドロップを決めるなど圧倒。後藤も粘ったが、鉄槌をたたきおろし45秒で仕留めた。


2人合わせて59秒。最後はBigbangウエルター級現役王者モハン・ドラゴンだ。これまでの2人とは違う現役の格闘家は、倉庫で朝倉を待ち構えている。


上着を脱ぎ、タンクトップ姿になった朝倉。お互いにローキックでけん制する、緊張感のある格闘技特有の攻防。それでも朝倉は強かった。左フック、右アッパーのコンビネーションが顔面を捉えると、ドラゴンは卒倒。37秒で終わった。3人合わせて96秒だった。

朝倉未来は因縁の現役王者をパンチで衝撃KO!96秒で3人の挑戦者を返り討ち 朝倉未来は因縁の現役王者をパンチで衝撃KO!96秒で3人の挑戦者を返り討ち Reviewed by RichKid on 11月 21, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.