SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

元西武相内誠が秒殺KO勝利!相手を担架送りに…アドバイザーを務める朝倉未来も驚いた

 プロ野球元西武投手で格闘家の相内誠(27歳)が27日、格闘技転向2戦目で待望の初勝利をKOで飾った。



フェザー級(66キロ以下)の立ち技ワンマッチで柴田海都をカウンターの右ストレート一撃で25秒KO勝ちした。


相内は昨年プロ野球を引退後、今年2月にRISEでプロデビューしたがKO負け。今年10月に元プロボクシング世界王者の竹原慎二との練習を報じられるなど、格闘技の練習を積んできた様子だ。


この日対戦した柴田はキックボクシング歴3年の20歳。185センチと体格で上回る相内はキックで積極的に仕掛けると、最後は右ストレート一閃。戦慄(せんりつ)の失神KOだ。



試合開始早々、相内はローで相手をこかすなど、蹴りの強さを見せる。柴田も相内のローにカウンターの右ストレートを入れるが、相内には効いていない様子。相内は右ハイキックから前に出て右ストレートを放つと、クロスカウンター気味に柴田のアゴを直撃!


大きく顎が上がった紫田はそのままマットに崩れ、相内がKO勝利。相手は立ち上がれず担架で運ばれた。野球で150kmの豪速球を投げていた右がパンチに変わり秒殺で格闘技初勝利を収めた。



試合後は、初勝利に「最高です!」と納得の表情。「KOするならストレートしかない。ボディーストレートを撃つと見せかけて頭に一発で終わらせるというシナリオを描いていたが、そのままになって自分が一番驚いている」と白い歯をこぼした。


デビュー戦となった今年2月の立ち技格闘技、RISE横浜大会では、モンゴル出身のデリゲルムルン拳信王に1回KO負け。公開練習では「課題はない」と強気に発言していたが、手も足も出ず、プロの洗礼を浴びた。それでも、元プロボクシング世界王者、竹原慎二に教えをこうなど練習を積み、大会前にはボクシング漫画「はじめの一歩」を読み込んでモチベーションを高めた。約9カ月ぶりとなった2戦目で、きっちりと結果を出した。



相内は12年ドラフト2位で西武入団。仮契約後に仮免許運転違反を犯し、入団は一時凍結となった。14年には未成年ながら飲酒、喫煙が発覚。その後も、道路交通法違反や自宅待機中のゴルフなど問題を起こし、昨年1軍未勝利のまま戦力外となった。今年2月に格闘家デビュー。「多くの人に支えてもらってここまで来られた。試合で恩返ししたい」と第2の人生で再起を誓っていた。


アドバイザーを務める朝倉未来も驚いたようで、解説席で「恐ろしいですね」とポツリ。さらに「すごいですね。倒れ方、ちょっとひどかったですね。カウンターですね。経験10か月ですよね。相内選手」と称えていた。



ボクシングの試合で感動するのは、ボクサーが両方とも試合に向けてきちんと鍛え上げてきて、減量もして、競技とお互いに対してリスペクトを持っているからなんだよな。


プロでもない人と戦ったり、対戦してもいない人を侮ったり、そういうのにはどうしても興味が持てないな。

元西武相内誠が秒殺KO勝利!相手を担架送りに…アドバイザーを務める朝倉未来も驚いた 元西武相内誠が秒殺KO勝利!相手を担架送りに…アドバイザーを務める朝倉未来も驚いた Reviewed by RichKid on 11月 28, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.