SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

大人に反発しトイレで後藤真希の泣いた黄金期を経て…「ファン愛」とともに歩むfan

 ミレニアム前後は、まさに「モーニング娘。」の黄金期。“エース格”として活躍した後藤真希は、加入当時中学2年生だった。“モー娘。”人気を社会現象にまで押し上げた「10年に一人の逸材」は、現在36歳。結婚・出産を経た今も、タレント・YouTuberとして安定的な人気を保ち続ける。その秘訣は、ファンとの距離感、一体感だ。「老後は、ファンのみんなと一緒の老人ホームに入ったら楽しそう!」。デビューから20年以上をかけて積み上げた、ファンとの特別な信頼関係について語った。



華奢な体に、キメの整った白い肌。


後藤真希は、30代の半ばを折り返したとは思えない透明感を放っていた。


「いやあ、もう36歳ですよ。あっという間!」


あっけらかんと笑いながら、後藤は小麦色だったデビュー当時を振り返る。


「オーディションを受けたのは、中2の夏休み。あの頃は、雑誌『egg』に影響されてギャルを目指してたので、もう、干からびるくらい肌を焼いてましたね。茶髪に、メッシュ入れたりとか。夏休みパワーで“自分的レボリューション”している間に合格して、それから、激動の生活が始まって……」



見た目こそ派手なギャルだが、中身はいたって普通の中学生。勉強も好きだった。厳しかった門限をきちんと守り、家の手伝いをしながら、塾にも通っていた。


「週に2日ずつ洗い物当番があって、きょうだいで回してましたね。同居していたおばあちゃんをお風呂に入れたりとか、それが普通の生活でした。学校も、楽しかったですね。テストも嫌いじゃなかった。ただ、先生とか、先輩とかには『負けてらんない』とか、そんな気の強さがありました」



夏休みが終わった頃には、世界は一変していた。モーニング娘。は、「10年に一度の逸材」と言われた後藤の加入により、あれよあれよとその名を轟かせ、社会現象となる。後藤は日本一忙しいアイドルとして日々を駆け抜けていった。


「もう、めちゃ忙しかったですね。半年間、オフが1日もないとか。とにかく睡眠時間もない、食事も満足にとれず、衝撃の連続でした。はじめの3週間で体重が7キロ落ちて……。しかもどこにでも密着のカメラがついてきて、泣いている姿すら押さえられてしまうから、泣けないんですよ。だから本気で泣きたい時はトイレに篭ったりして、そんな感じでしたね」。当時は大人達に何とも言えない違和感を感じていたという。



そんな後藤をアイドル道に留めたのは、急増した「後藤真希ファン」の存在だった。


「私としては、『(モー娘。には)今日入ったばっかりだよ?』っていう気持ちだったんですけど、気がついたら、ファンがたくさんいて。ファンレターが詰まった段ボールで、事務所の廊下が埋まっているんですよ。プレゼントの量もすごかった。まだ子どもだったから、ぬいぐるみが多かったかな。好きだったブランドの洋服なんかも届いたりして。どうして私なんかに、みんなこんなに良くしてくれるんだろうって、びっくりしました」


ふつうの中学生だった“私”に、ファンが生まれる。後藤にとって、それは「あり得ない」ほど嬉しく、プレッシャーに押しつぶされそうになっていた心を支えてくれるものだった。この原体験から、後藤は「ファン愛」を育んでいく。ファンの面々と具体的に交流をするようになったのは、デビュー間もない頃から、ずっとだ。



「ファンの子たちがいつも、スタジオの前で手紙とかを携えて待ってるんです。駅まで世間話をしながら歩いて、じゃあね、って。私より年上も多かったから、例えば新幹線の切符の買い方とか、効率的な電車の乗り換え方、そういうこともいろいろ教えてもらいました。本当に、頼り甲斐のあるファンばかりで」


人気絶頂のアイドルが電車通勤。出待ちのファンと一緒に歩いて、世間話。今では考えられないことだが、そんなおおらかな雰囲気が、当時のモー娘。を取り巻く環境にはあったということか。


「やっぱり、実家がお店をやっていたのが大きかったと思いますね。私の母は、ものすごく明るい性格で、『みんな、おいで~』っていうタイプなんですよ。だからお店に行くと、いつも私のファンたちで溢れていました。店内に入りきらないお客さんも、即興でテーブルを作って、母が外でもてなしてあげたり」



お店は、毎日がゴマキファンのオフ会だった。ファン同士も和気藹々、それはまるで熱心な球団ファンが集まる店のような様子だったという。


「何よりも、やっぱり、ファンがいい人たちばかりなんですよ。自分のことを好きでいてくれる人たちがお店に集まってくれるって、無条件に嬉しい。気持ちも明るくなりました」


「私は、生まれも育ちも江戸川区の瑞江という町なんですけど、近所付き合いのある、人情味の厚い場所なんですよ。裏のお家にお茶碗を持っていけばご飯を入れてくれるみたいな感じで。そんな、気取らずに、誰とでも仲良くできる環境で育ったっていうのもあって、ファンとの仲もすごく自然なんですよね」



モーニング娘。は、まさに2000年代のアイコンだ。グループで活動し、新陳代謝を繰り返すという形態は、アイドル史において新時代を拓いた。その後勃興するさまざまなアイドルグループを眺めながら、伝説の「エース格」後藤は今、何を思うのか。


「みんな素敵だと思います。特に、韓流系アイドルはすごいですよね。かっこいいし、お洒落だし。事務所のトレーニングも、凄そうじゃないですか。みんな頑張っているなあって、もはや母目線。やっぱり、時代が全然違う。ダンスも初めからレベルが違うって感じ。だって私は最初、これからでしたから」


そう言って後藤は「LOVEマシーン」冒頭のコミカルな振り付けを踊って見せてくれた。



「今はNiziUのオーディションなんかも見てて、そもそもみんな基礎力が高い。基礎の上に個性が必要とされる、すごい時代だなと思って。えっ、この時代に私がオーディションを受けていたら? どうだろう……、書類審査だけは、せめて通して欲しい」


後藤真希といえばゲーム好きでも知られるが、今一番はまっているのは、ファンコミュニティ「Go To Channel」の会員とDiscordアプリを利用して、ファンと会話することだという。実際に、利用しているスマホの画面を見せてくれた。


「今は……あ、450人くらいログインしてますね。毎日、大体こんな感じで会話してます。もう、ずっと毎日やってるんですよ。例えば、今日みたいに撮影がある日に、『髪型に迷ってる。アップか、下ろした方がいいか、どっちがいいかな?』とかみんなに聞いたりして。もう、本当に楽しすぎて、見ている時は顔がずーっとニヤニヤしてるんですよ。でもファンのみんなも同じ状態らしいので、さらに嬉しくって」



20年前、出待ち現場や実家の店で行われていたファンとの交流が、今も新たなツールによって保たれているのだ。


「(ファンとのトークは)家族との時間と同じくらい、幸せを感じますね。そう、ファンはみんな、チームなんですよ。将来、自分がおばあちゃんになったら、みんなと同じ老人ホームで暮らせたらいいな~って思ってます。そしたら老後も楽しいだろうなあ。毎日ライブできますしね。紙芝居もやります」


そんな後藤だが、「いまの自然体の自分を出せた」と話す10年ぶりの写真集を今月発売する。36歳のありのままの姿で非常に楽しく撮影ができた自信作だという。透明感あふれる朝の様子や、惜しみなく美ボディを披露した大胆なカットなど、先行公開された写真にはSNS上での反響も大きい。



年末には、ソロライブを行う。


公演終了後には、本人による「お見送り」も予定されている。


「私はやっぱり歌が好きで、ステージに立つと人が変わるってよく言われます。ライブでは、ファンの求めることと、私が新たに挑戦したいことを、どれくらいバランスよくできるかなって、毎回探りながらやっている感じですね。『お見送り』は、ずっと握手会がしたかったんですけど、コロナで難しくなっていますから、少しでもファンと触れ合えるようなイベントができたら、と。昔ながらのファンは来ているかな、とか、チャットで話している人たちの実際の顔を知りたいし、新しいファンにも挨拶したい。つまり、出欠確認のようなものかな」


下町で培われた人懐っこさと、母親譲りの面倒見の良さ。


アイドルでありながら、姐御のような包容力で、ファンを引っ張って来た。


「大好きなファンのみんなはもちろん、『真希ちゃん、この間見たよ、頑張ってね』って声をかけてくれる地元のおじいちゃん、おばあちゃんたちの言葉が、私を元気にしてくれる。“求めてもらえる”ことが、私にとって一番の原動力なんです」

大人に反発しトイレで後藤真希の泣いた黄金期を経て…「ファン愛」とともに歩むfan 大人に反発しトイレで後藤真希の泣いた黄金期を経て…「ファン愛」とともに歩むfan Reviewed by RichKid on 11月 23, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.