SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

片山虎之助氏は心臓が止まった状態…「重篤な状態」だと判明

 共同代表を辞任する意向を示している「日本維新の会」片山虎之助参議院議員(86才)が、重篤な状態であることがMBSの取材で明らかになりました。



党関係者によりますと、片山共同代表は1週間ほど前、心臓が止まった状態で見つかり病院に搬送されその後、蘇生したものの今も重篤な状態が続いているということです。片山共同代表は11月中旬以降、国会や党の会合などを欠席していて、片山氏の親族が党の関係者に体調不良を理由に共同代表を辞任する意向を伝えたということです。


11月27日開かれる党の執行役員会で息子の片山大介参院議員が報告するということです。


松井代表と一緒に共同代表を歩んできた片山虎之助氏は、国会議員団の顔として精力的に活動をされていましたし、いわゆる大阪組とは違う「重さ」もあり、親しまれています。快復をお祈り申し上げます。



維新の国会議員団をまとめる共同代表として、片山議員の存在は欠かせないものだと思います。これから若手を育てるにあたって、国会議員経験の長い片山議員が要となることも考えられただけに、まずは快復されて永田町に戻ってこれることを願うばかりです。


回復を期待してますが86歳で国会議員を続けるのはやっぱり酷。本人はやる気満々で気付かないだろうから周囲が引退を進言するか定年制を決めないと。


片山さんはまだ良質だけど、どっかの和歌山の人は政治のアクセルとブレーキ踏み間違えて暴走中だからな。



国会議員も定年制を設けた方が良い。定年過ぎたら自身の体と健康に専念すべきだ、政治にかかわるなら、オブザーバーとして助言すれば良いのではないでしょうか。健康には十二分配慮すべきです。


政治家には80代でも第一線で活躍している方がたくさんいますけど、やっぱり普通なら隠居してゆっくり暮らしている年代だと思いますし。今立憲民主党の代表選が度々ニュースになっていますが、維新も近く代表選を行うことになるということかな。しかし、維新のような新しい政党でも、しっかり世襲が行われているものなんですね。

片山虎之助氏は心臓が止まった状態…「重篤な状態」だと判明 片山虎之助氏は心臓が止まった状態…「重篤な状態」だと判明 Reviewed by RichKid on 11月 27, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.