SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

出水の養鶏場で高病原性の鳥インフルエンザが確認された…鹿児島・出水市の養鶏場で3万8500羽を殺処分開始

 鹿児島県は12日、出水市の養鶏場の採卵鶏が同日、複数死んでいるのが見つかり、鳥インフルエンザの簡易検査をしたところ陽性だったと発表した。県はこの農場でニワトリの殺処分を始めました。



県によりますと、鳥インフルエンザが確認されたのは、出水市平和町の採卵農場です。12日に複数のニワトリが死んでいると通報があり、遺伝子検査したところ、病原性が高いH5亜型の鳥インフルエンザウイルスが検出され、陽性と確定しました。秋田に次いで今シーズン国内2例目の農場での発生で、県は午前5時ごろから、この農場で飼育されている3万8500羽の殺処分を始めています。


農場から半径3キロ圏内は移動制限区域となり、23の農場でニワトリや卵の出荷と移動が禁止されます。県は対象となる農場で抗体検査などを行い、感染がないかを調べています。また、3キロから10キロ圏内の96農場では、区域外への搬出が禁止されます。移動制限区域と搬出制限区域には119の農場があり、およそ552万羽が飼育されています。



12日午後、県庁で対策本部会議があり、塩田康一知事は「他の農場へのまん延を防ぐ必要がある。高い防疫意識を持ち、万全を期してほしい」と述べた。


鹿児島県内では21年2月1日現在、ブロイラー約2700万羽、採卵鶏約1200万羽が飼育され、合計では全国1位。出水市は県内有数の養鶏地帯で、ブロイラー約113万羽、採卵鶏は県内トップの約290万羽を飼っている。


同市では、8日採取した荒崎干拓地内にあるツル越冬地のねぐらの水から、高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出。県が11日、採取地点から半径3キロ内を養鶏場を対象とした監視区域に指定し、同日中に区域内の13農場を立ち入り検査していた。



県内の農場で高病原性の鳥インフルエンザが確認されたのは1月のさつま町以来です。


環境省は同日、同10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。死んだり弱ったりしている野鳥がいないか、国、県、市が協力し監視を強化する。


県自然保護課によると、出水市のツル保護監視員が8日、今季初めて、ねぐらの水を採取。鹿児島大学がウイルス分離検査を実施し、11日に高病原性(H5亜型)と確定した。詳細な型については分析を進めている。



採取地点周辺では7日にオオタカの死骸が回収され、簡易検査は陰性だった。国立環境研究所で遺伝子検査中。周辺で野鳥の大量死や衰弱個体の急増は確認されていない。

出水の養鶏場で高病原性の鳥インフルエンザが確認された…鹿児島・出水市の養鶏場で3万8500羽を殺処分開始 出水の養鶏場で高病原性の鳥インフルエンザが確認された…鹿児島・出水市の養鶏場で3万8500羽を殺処分開始 Reviewed by RichKid on 11月 13, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.