SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

道端アンジェリカ、19年恐喝容疑で逮捕の夫と離婚…東京家裁で離婚が認められた

 モデル、道端アンジェリカ(35才)が2019年に恐喝容疑で警視庁に逮捕され、不起訴になった夫との離婚が成立することが7日、分かった。



道端は10月11日に更新したインスタグラムのストーリーズで訴訟中であると報告。同25日、道端が原告となった離婚訴訟の判決公判が東京家裁で開かれ、離婚が認められた。


長男(3才)と次男(1才)の親権は道端が持ち、慰謝料や養育費は請求していない。関係者は理由について「訴訟が長期化してもめることなく、心機一転、新たな人生を歩みたいという本人の思い」と説明した。



夫とは17年に結婚。事件をめぐっては19年10月、道端は夫と共謀して知人男性から約35万円をだまし取ったとして恐喝容疑で書類送検されたが、嫌疑不十分で不起訴となった。同月から長男の子育てなどを理由に芸能活動を一時休止。昨年6月に活動を再開したが、この時点で夫と別居していたという。


関係者によると、道端は昨年初めに離婚を決意。今年3月から双方が弁護士を立てて離婚を協議し、調停を経て訴訟になっていた。道端は前出のストーリーズで養育費などは「1円ももらっていない」、夫との交流は「一切ないですよ」などと言及していた。


アンジェリカ(みちばた・あんじぇりか)は1985(昭和60)年12月5日生まれ、35歳。福井県出身。2005年から専属モデルを務めた「S Cawaii!」をはじめ、モデル業を中心にバラエティー番組などでも活躍。姉の道端カレン(42才)、道端ジェシカ(37才)もモデルで、〝道端三姉妹〟と呼ばれる。17年にはジュエリーデザイナーとしても世界デビューした。


不倫やDVなど明確な理由がなく、単に別居しているというだけでは、別居期間が3年~5年は経過しないと離婚は認められないことが多いです。報道されていた2019年の恐喝容疑が理由となったのかは分かりませんが、離婚を認めるべきと判断された何か特別な事情があったのだと思います。養育費の支払いを一切求めていない、交流が一切ないということは、離婚意思が強いと判断される事情として斟酌されたと考えられます。

道端アンジェリカ、19年恐喝容疑で逮捕の夫と離婚…東京家裁で離婚が認められた 道端アンジェリカ、19年恐喝容疑で逮捕の夫と離婚…東京家裁で離婚が認められた Reviewed by RichKid on 11月 08, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.