SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

川口でレース中に事故…佐藤正人選手のご冥福をお祈りしますtama

 30日の川口オート初日9Rで4車が落車する大事故があり、佐藤正人(さとう・まさと)選手が右側胸部外傷のため搬送先の川口市内の病院で午後6時32分に死去した。51歳だった。



この事故で、5番車で出走していた佐藤正人選手(川口)が後続車と接触。


事故は1周4コーナーで起きた。4番手の佐藤選手がバランスを崩し、外の栗原勝測に接触して両者とも落車。直後にいた牧野貴博、伊藤正真が追突して4人が落車した。


川口市内の病院に救急搬送され、必要な処置が施されたが手当の甲斐なく、右側胸部外傷により18時32分、死去(殉職)した。享年51。



オートレース開催中の死亡事故は病気や試走、練習中の事故を含めると95人目。レース中の事故死は2009年9月27日、飯塚7Rの永井秀樹さん以来。12年1月15日には女子レーサーの坂井宏朱さんが船橋での練習中に落車して死亡した。


佐藤選手は千葉県出身で1991年6月に船橋所属として選手登録。通算1988戦387勝、2度の優勝経験があった。オートレースの落車による殉職者は、2012年1月15日の坂井宏朱選手以来。



JKA・笹部俊雄会長「佐藤選手の突然の訃報に接し、非常に驚いております。ご家族の皆さまのご心痛いかばかりかとお察し申し上げますとともに、在りし日のご活躍をしのび心からご冥福をお祈り申し上げます。公正安全をモットーに業界で努めてまいりましたが、このような痛ましい事故が起きないよう、改めて関係者一同で努力してまいります」



レースを中継で見ていましたが、確かに危ないレースでした。落車4人中3人が担架で運ばれて行きましたが、まさかお亡くなりになるとは…突然の事で驚いております。佐藤正人選手のご冥福をお祈りします。



悲しいことにオートレースは公営競技の中で最も不人気な種目で投票数が競輪や競艇の4分の1くらい、経営難で数年前に船橋オートレース場が閉鎖され、他のレース場も過去に何度か閉鎖するか存続させるかという議論が行われたくらい。


具体的な数字は分からないけど、レーサーの収入もかなり厳しいと聞きます。バイクに装着させるタイヤは数回のレース出場で摩耗して取り替えるんだけど、その費用もレーサー負担。だけど賞金は1位でわずか5万円。一部のスター級の選手を除いてほとんどのレーサーはジリ貧状態で、5月に似たような事故で意識障害になり今も復帰できない井上秀則選手はリサイクルショップの副業をやってたとか。



今回の事故、摩耗したタイヤを無理に使用した上でのスリップなのでしょうか。選手の待遇を再考するときかも。

川口でレース中に事故…佐藤正人選手のご冥福をお祈りしますtama 川口でレース中に事故…佐藤正人選手のご冥福をお祈りしますtama Reviewed by RichKid on 10月 30, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.