SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

南野拓実にチャンスも?英メディアが「プレミアリーグを離れるべき南野拓実を」ta

 8節を終えたプレミアリーグで、まだ一度もピッチに立てていなのが、リバプールの南野拓実だ。プレシーズンマッチでは結果を残し、リーグカップでは1試合2ゴールを挙げるなど、出番を与えられた時には爪痕を残しているが、ユルゲン・クロップ監督から声が掛からない状態が続いている。



プレミアリーグ第9節終了時点で唯一無敗を維持し、首位チェルシーと勝ち点1差の2位に位置するリヴァプール。先日には宿敵マンチェスター・ユナイテッド戦で5-0の完勝を収めるなど好調を維持している。


しかしシーズン序盤戦ながら、昨シーズン同様に負傷者が続出。ミッドウィークにファビーニョが負傷し、マンチェスター・U戦ではジェームズ・ミルナーとナビ・ケイタが負傷交代。チアゴ・アルカンタラとハーヴェイ・エリオットがすでに離脱していた状況で、さらなる打撃を受けることになった。



今夏にはジョルジニオ・ワイナルドゥムが退団したリヴァプールで、現在残っている中盤の選手はジョーダン・ヘンダーソン、アレックス・オックスレイド=チェンバレン、カーティス・ジョーンズのみ。『リヴァプール・エコー』はトレント・アレクサンダー=アーノルドの中盤起用や、中盤の数を減らしてモハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、ディオゴ・ジョタを同時起用する案、さらに3-4-3を採用する可能性などを指摘している。


そしてフィルミーノか南野を中盤起用するパターンも考えられるようだ。ユルゲン・クロップ監督が“ベストオフェンシブディフェンダー”と評価するフィルミーノはユーティリティ性が高く、また南野も中盤起用された経験がある。2選手の内どちらかが起用されれば、右サイドの8番の役割が与えられ、サラーとアレクサンダー=アーノルドとの連係が求められることになるだろう。



なおユルゲン・クロップ監督が試験的なフォーメーションをチャンピオンズリーグやプレミアリーグで試す可能性は低い。試すとすれば、27日のカラバオカップ4回戦プレストン戦になることが予想される。



そんななか、現地10月20日、英国メディア『sportskeeda』が「プレミアリーグを離れるべき5人の選手」と題した記事を紹介。


ティモ・ヴェルナー、ハキム・ジイェフ(以上チェルシー)、ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)、ドニー・ファン・デべーク(マンチェスター・ユナイテッド)とともに、南野がリストアップされた。



同メディアは、「ミナミノは2019年のチャンピオンズ・リーグで感銘を与えたレッドブル・ザルツブルクの一員で、リバプールと対戦した時のパフォーマンスが印象的だったため、選手が彼と署名するようクラブに促した。だが、その期待に応えられていない」と指摘。「今シーズンのプレミアリーグではまだ1分もプレーしていない」とし、こう続けている。


「ミナミノは、ザルツブルクのスターだった。だが、彼はプレミアリーグのフィジカル的でペースの速いスタイルに馴染むことができていない。イングランドを離れることは、彼のキャリアを復活させるのに間違いなく役立つだろう」


ザルツブルク時代のリバプール戦の活躍が鮮烈だっただけに、現状への失望も小さくないようだ。

南野拓実にチャンスも?英メディアが「プレミアリーグを離れるべき南野拓実を」ta 南野拓実にチャンスも?英メディアが「プレミアリーグを離れるべき南野拓実を」ta Reviewed by RichKid on 10月 26, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.