SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

吉田麻也、差別ジェスチャーへの“激昂シーン”に韓国驚き…「サウジアラビアで敗れた日本のキャプテンが…」ma

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第3節・サウジアラビア戦を0-1で落とした日本代表DF吉田麻也が試合後、敵地ファンから挑発行為を受けたシーンに韓国メディアが注目。鋭い形相でスタンドに向かって応戦した姿に「相手ファンのブーイングに耐えられなかった」と指摘している。



吉田はサウジ戦後のフラッシュインタビューを受けた際、スタンドにいたファンが挑発的な言動をする様子を見ると、鋭い形相で観客席に近づき相手を指さしながら応戦。関係者が止めに入り、再びフラッシュインタビューに応じていた。


この経緯について、吉田はオンライン会見で「差別的なジェスチャーがあった」と指摘。「僕らはアジアカップでも前回のホームでも勝ったけど、自分たちも日本のファンもリスペクトを欠いたことはない。残念だ」と怒りをにじませていた。



この吉田の行動に、韓国メディア「Money S」は「サウジアラビアで敗れた日本のキャプテンが…」と見出しを打ち注目。「ワールドカップ予選で敗れた後のインタビューで、サッカー日本代表のキャプテンは、相手ファンのブーイングに耐えられず、言葉を交わしていた。興奮を抑えきれない吉田の動画がYouTubeにアップされ、日本のファンを怒らせた」と綴り、怒りに満ちたキャプテン吉田の行動に対し驚きを持って報じていた。


吉田が怒りを露わにした差別的行為は物議を醸しており、各国メディアが報じていた。


イタリアのサウサンプトンでプレーする吉田の言動にイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」も注目。「吉田麻也、サウジアラビアのファンに激怒『試合中、差別的なジェスチャーがあった』」と見出しを立て、「サンプドリアのDF吉田麻也は、試合終了後、サウジアラビアのファンにスタンドからからかわれ、インタビューを受けている時に攻撃的なジェスチャーをされたことに激怒した。映像には、サンプドリアのディフェンダーが指を指しながらフェンスに向かい、叫んでいる様子が映っていた」と紹介している。



日本協会の須原清貴専務理事は同日の臨時評議員会後の会見で「差別行動が起きた直後、サウジ協会の会長ら幹部から直接謝罪があったし、今日も真摯(しんし)な謝罪文が届いた」と明かした。


サウジアラビア協会からの文書によると、問題を起こしたサポーターに対して「厳格な処分を科した」との内容が含まれているという。これを受け、日本協会はサウジアラビア協会とともに人種差別撲滅に向けた活動をともに展開することを決めた。国際サッカー連盟(FIFA)やアジアサッカー連盟(AFC)へ抗議などの行動を起こすことはないという。



一方、このごく一部の人間の差別的行為には、サウジアラビアのファンも憤慨。ツイッター上で謝罪キャンペーンを行なったり、吉田のSNSアカウントに陳謝するコメントを書き込んだりと、様々なアクションを見せている。


そんななか、サウジのアル・ワフダでクラブの会長を務め、現在はスポーツコメンテーターの元サウジアラビア代表ハティム・カヤミ氏は、「不適切で失望した」と述べた。中東メディア『Arab News』が伝えている。


「これはサウジとしての行動ではない。我々はすべての人々と国を愛している。日本人の皆様には、心よりお詫びを申し上げるとともに、愛と感謝の意を表したい」



「木曜日の夜、4、5人のティーンエイジャーが日本のキャプテンにしたことはサウジを代表したものではないということを伝えたい。この少年たちは、自分たちのしたことを後悔しているだろう」


少年グループによる行為だったことには驚きを隠せない。『Arab News』も「この事件は、サウジアラビア代表の輝かしい夜の後味を悪くした」と伝えている。

吉田麻也、差別ジェスチャーへの“激昂シーン”に韓国驚き…「サウジアラビアで敗れた日本のキャプテンが…」ma 吉田麻也、差別ジェスチャーへの“激昂シーン”に韓国驚き…「サウジアラビアで敗れた日本のキャプテンが…」ma Reviewed by RichKid on 10月 09, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.