SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

涙のワケは清宮の言葉「最後くらい楽しんでください」…多くの人を感動させたki

 今季限りでの引退を表明した日本ハム・斎藤佑樹投手が、鎌ケ谷のイースタン最終戦でラスト登板。六回からマウンドへ上がり、DeNA・乙坂に対し、5球目の132キロで空振り三振を奪った。



登板直前、マウンドに駆け寄ったのは早実の後輩、清宮だった。「楽しんで投げてください」。ともにドラ1で注目され、気持ちが通じ合う間柄。斎藤が投げた5球を、清宮も見守った。


直球の最速は133キロどまりだったが、故障に苦しみ続けた男は懸命に腕を振った。5球目を投げる前には涙が止まらず、一度プレートを外した。客席からは「頑張れ」の声援。最後の力を振り絞り、外角132キロを投じた。乙坂のバットが空を斬り、打者ひとりで交代となった。



試合後、斎藤は「泣かないようにと思っていた。幸太郎(清宮)に泣かされた」と苦笑いした。その清宮は「野球は結果に追われるスポーツなので、最後くらい楽しんでほしいと思った」と言葉をかけた理由を明かし、「(斎藤が出場した)甲子園を見て野球を始めるきっかけとなった。僕にとってはいつまでもスター」とその思いを語った。


登板後は内野手全員がマウンドに集まり、涙の清宮とハグをかわした斎藤。拍手のなか、涙をぬぐいながらベンチへ戻り、ナインの出迎えを受けた。



斎藤は1軍では17日のオリックス戦(札幌ドーム)で、引退セレモニーを行う。栗山監督は前日2日、「17日に投げさせる」と明言している。


どちらもデビュー当時は怪物級の選手だった。


だけどまだ清宮は現役だからチャンスはあるので、斎藤の分まで頑張って活躍してほしい。


あの夏の甲子園決勝戦、熱狂させられたよ。プロ野球人生は輝けるものではなかったとしても、多くの人を感動させた存在であったことは間違いない。お疲れ様でした!



過剰に注目、期待された者同士、通じ合うものがあるんだろうね。その点は少し可哀想だったなと感じます。結果がすべてのプロの世界。斎藤投手は満足いく結果を出せなかったかもしれないけど、清宮くんはまだまだ若くてこれからの選手。結果でファンやメディアを黙らせてほしいと思います。

涙のワケは清宮の言葉「最後くらい楽しんでください」…多くの人を感動させたki 涙のワケは清宮の言葉「最後くらい楽しんでください」…多くの人を感動させたki Reviewed by RichKid on 10月 04, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.