SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

新型GR86がついに発売で価格は279.9万円~と判明!「スポーツカーのワクワクドキドキ、走る楽しさ」の魅力あふれる1台

 この日を待ちに待っていたという人も多いのではないだろうか。ついにTOYOTA GAZOO Racingから、新型GR86が発売された。



新型GR86は、先代モデル同様に業務資本提携を結ぶスバルとの共同開発であり、「スポーツカーのワクワク・ドキドキ、走る愉しさを守り続けたい」との思いをともにし、両社の個性を引き出したスポーツカーとして開発されている。


GR86は、「走る楽しさ、ワクワク感」を最前面に出し、SUBARUと共同開発した2ドアFRレイアウトでMT(マニュアルトランスミッション)仕様も設けるピュアスポーツカーシリーズです。トヨタのモータースポーツ・スポーツカー部門であるTOYOTA GAZOO Racingが手掛け、GRスープラ、GRヤリスに続く“GR”のブランド名を冠した車名で展開します。



SUBARUも基本設計共通の「新型BRZ」を発売。ただ、従来モデルと同様にトヨタ、SUBARUそれぞれが「異なる走りの味」を持たせることに注力しました。トヨタは「86ファンに喜んでいただける、86らしい味の進化。ドライバーの意のままに操れる“手の内感”」を追求、SUBARUは「誰もが愉しめる、究極のFRピュアスポーツカー」を追求しました。


設定グレードは「RZ」「SZ」「RC」の3つ。RZとSZは6速MTと6速ATを設定、エンジン出力などの基本仕様は共通です。


基本グレードの「SZ」は17インチタイヤ、ファブリックシートなどを搭載。「RZ」はSZに対し、18インチタイヤ、本革シート、ブランノーブ表皮巻きのインテリア、ステンレス製ドアスカッフプレート、アルミ製スポーツペダルなどのスポーティ系装備をプラスした上質仕様です。



一方の「RC」はモータースポーツ参戦者向けに快適系装備と価格を抑えた6MT設定のみのレースベース車両。ホイール・タイヤも交換前提のため「16インチのてっちんホイール」です。


パワートレインは、新設計のSUBARU製2.4リッター水平対向4気筒ガソリンエンジン「FA24」+トヨタの筒内直接/ポート燃料噴射方式「TOYOTA D-4S」+6速MT/パドルシフト付き6速ATの組み合わせ。最大出力235馬力、最大トルクは25.5kgf-m(250Nm)。WLTCモード燃費は6MT車がリッター12キロ、6AT車がリッター11.8キロ(SZ)です。


車体サイズは4265(全長)×1775(幅)×1310(高さ/アンテナ含む)ミリ、重量は約1260キロ(SZ/6MT)。



GR86は、スバルBRZ とクルマのベースを共有しながらも、「ドライバーの意のままに操れる“手の内感“」、「限界域でのリニアな応答、キビキビした走り」といった「GRらしい走りの味」を持たせることに注力し、86の伝統を継承しつつも「GRらしい走りの味」を追求した結果、さらなる高い次元でのダイレクトで気持ちのいい走りを実現したGR86へと生まれ変わった。


エクステリアでは、FRスポーツであることを主張するベルトラインから水平に通ったフェンダートップが特徴で、また、水平に低く通ったアンダーボディとキャビン後部の絞り込みが、GR86が意のままに走らせられるクルマであることを想起させるワイドなスタンスと低重心を表現したという。



フロントにはGRブランド専用の「FUNCTIONAL MATRIX GRILL」を採用し、機能性とエモーショナルさの表現を両立。また、86からGR86へ生まれ変わるにあたり、車名ロゴも一新されている。


インテリアでは、水平に構成されたインパネとスイッチなどの操作系を最適配置し、運転に集中できる空間を実現。


メータには7インチカラーLCD液晶メーターのBOXERメーターを採用。水平対向エンジンのピストンの動きをモチーフにしたオープニングアニメーションが、走行前の高揚感を高めてくれる。



また、メーター表示は、走行モード別に変化する。「NORMALモード」では円形タコメーター内にスピードを大きく表示し、「SPORTモード(ATのみ)」ではタコゲージの先端やリングが赤色に変化、さらに「TRACKモード」ではレーシングカーのメーターを参考に回転数などを拡大表示し、スポーティな走りを視覚からも演出する。


軽量なフロントシートは、身体をホールドする部分が独立したパッド形状とし、スポーツ走行による前後左右Gにも耐えうるよう、グリップ性に優れたシート表皮を採用。車との一体感を感じられる座り心地を実現している。



ドライブトレーンは、2リッターから2.4リッターへと排気量アップを果たしたが、「軽量コンパクトかつ低重心なエンジン」という特長はそのまま継承。動力性能の向上により、0-100km/h加速性能を従来型の7.4秒から6.3秒に短縮。合わせてレスポンスも向上しており、高回転までストレスなく吹け上がるフィーリングを実現したとのこと。


技術的な面では、燃料を燃焼室に直接噴射する「筒内直接噴射」と、吸気ポートに噴射する通常の「ポート噴射」の2種類を、運転状況に応じて最適に制御する専用ツインインジェクターを備えた「D-4S」を新採用し、吸気・排気効率を高める可変バルブタイミングを搭載した水平対向エンジンとの融合を図っている。



排気量アップによる動力性能の向上を果たした一方で、パッケージ、サイズは従来型をほぼそのまま継承。全高ならびにヒップポイントを低く抑えるとともに、シートポジションを車両の内側に設定することで、さらなる低重心化と回頭性の向上を実現。これにより加速時のスピード感やクルマが手足のように動く感覚をより強く感じられるように設計。


街乗りから限界走行まで、どんな速度域でも「走る楽しさ」を感じられる性能を目指し、ボディはその剛性を従来型比で横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%向上。高速コーナーにおける軽快なハンドリングなど、優れた操縦安定性能を確保。


それと同時に、高張力鋼板の拡大採用をはじめ、フロントフェンダーとエンジンフード、エンジンアンダーカバー、ルーフにはアルミ材を使用することで軽量化も徹底している。



モータースポーツ参戦車からフィードバックされたフロントエアアウトレットをはじめ、サイドシルスポイラー、ダックテールなどが採用されたのもトピックスだ。実車走行評価や風洞設備での検証を繰り返し、フロントの接地性やリヤの安定性をはじめ、優れた操縦応答性と安定性を確保に貢献。


安全支援機能に関しては、スバルの「アイサイト」を採用(ATのみ)しており、通常走行におけるサポートや衝突回避、プリクラッシュブレーキなどを搭載しているのが嬉しい。


価格はRZが334万9000円(6MT)から、SZが303万6000円から、RCが279万9000円から。エアロパーツ、サスペンション、強化ブレーキ、スポーツマフラーなど、販売店で注文できる純正カスタマイズパーツ「GR PARTS」も多数用意します。


新車発売にあわせて、GR86の魅力を最大限に引き出すカスタマイズパーツ「GR PARTS」も用意された。スポーツ走行から日常走行まで、GR86を誰もが楽しめるよう幅広い商品をラインアップする。


そしてさらに、今回発表された新型GR86は、11月21日に富士スピードウェイが主催する「FUJI 86 STYLE with BRZ 2021」にて試乗体験することもできる。当日は、スバルBRZとの乗り比べやGR86の「走りの味」を体感できるコンテンツなどが多数用意されているという。GR86に興味がある方は、11月21日は是非とも富士スピードウェイを訪れていただきたい。

新型GR86がついに発売で価格は279.9万円~と判明!「スポーツカーのワクワクドキドキ、走る楽しさ」の魅力あふれる1台 新型GR86がついに発売で価格は279.9万円~と判明!「スポーツカーのワクワクドキドキ、走る楽しさ」の魅力あふれる1台 Reviewed by RichKid on 10月 29, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.