SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

巨人がBクラス転落危機の屈辱の9連敗で借金生活突入…4被弾で逆転負け

 巨人が15日、神宮球場でのヤクルト戦に7-8で敗れて9連敗を喫した。坂本勇人、岡本和真のアベックアーチで先制したが、先発、中継ぎ陣が4被弾するなど踏ん張りきれず逆転負け。ついに借金生活となり4位の広島とのゲーム差が「4」に縮まりBクラス転落の可能性さえ出てきた。巨人は来季も原辰徳監督の続投の方針を固めているようで水面下では、新組閣の準備さえ進めているが、巨人の大物OBである広岡達朗氏は、「原監督は責任を負うべき」と異議を唱えた。



勝てない…。9試合連続で2点以下しか奪えなかった悩ましい打線は奮起した。初回に坂本、岡本のアベックアーチで3点を先制。先発の戸郷がサンタナ、青木にソロを許してジワジワと1点差に迫られた6回には丸、ウィーラーのヒットで作ったチャンスに中田の併殺崩れの間に追加点を奪い2点差とした。


しかし、その裏、また戸郷が、サンタナに2本目となる同点17号2ランを浴びた。球数が100球前後になると、突如、崩れるという戸郷の越えられない壁である。


それでも、この夜の巨人はあきらめなかった。7回に坂本、岡本のタイムリーで2点を勝ち越す。だが、しかし…。ここからの決死の継投策で逃げ切れない。



7回に3番手の高梨が、山田に1点差に詰め寄るタイムリー二塁打を許し、村上に四球を与え無死一、二塁となったところで畠にスイッチした。だが「強く打てる球を待っていた。そこまで3度もチャンスに倒れて、いい結果がでていなかったので、いい球が来たら強いフライを打ってやろうと思っていた」というオスナに投じたインローのストレートが悪夢に変わった。 


神宮の夜空に高々と舞う逆転の3ラン。


巨人は8回にも中田の一発で1点差に詰め寄ったが、反撃もここまで。最後まで気の抜けない7-8スコアの「ルーズベルトゲーム」の末、屈辱の9連敗となり、原監督は悔しさを押し殺したような表情で三塁側スタンドの前を歩いて球場を後にした。



マジックを「6」としたヤクルトの強さと勢いだけが際立ち、報道によると、試合後に原監督は「ホームランをちょっと打たれ過ぎた」と4被弾の投手陣を嘆いたという。


ついに勝率5割を割り借金「1」。2位阪神の背中は10ゲーム差と遠のき、逆に4位の広島とのゲーム差は「4」に縮まった。広島は残り9試合もあり巨人のBクラス転落の可能性も出てきた。


巨人OBで、ヤクルト、西武で監督を務めた広岡達朗氏は、巨人の“ていたらく“に怒りを通り越して「OBとして歯がゆい。寂しいし恥ずかしい」と苦言を呈した。



「いまだにオーダーを固定できないようでは苦しい。オールスター選手を集めて名前だけでは勝てないことがよくわかっただろう。そもそも中田は、いきなりでは無理だと思っていたし、ベテランの中島らが勝負どころで出てくるような状況で勝てるわけがない。打線が長期のスランプを脱出できないのは、コーチの責任。バッティングの本質を理解して教えることのできるコーチがいないから、不振に陥った選手を正しい方向へ導くことができないのだ。原も、そのあたりをわかっていたのか、2軍監督の阿部を1軍コーチとしてベンチに入れたが、いまのところ、その効果は見えない。加えてチーム構成にも問題はある。野球の勝敗の70パーセントは投手なのだ。打てなければ守り勝つべきだが、先発、中継ぎともに安定感がなく投手陣の整備もできなかった。桑田には投手コーチとして期待していたのだが…」


原監督は5日に阿部2軍監督を1軍作戦コーチに配置転換するという異例の人事を断行。試合中も自らの隣に阿部コーチを置いて意見を求めているが、皮肉にも、そこから連敗地獄がスタートした。

ファンの焦点はCSでの奮起と原監督の進退問題だ。



2年前に監督復帰した原監督は、2019、2020年とリーグ連覇を果たし、今季の目標は、3連覇だけではなく、2年連続でソフトバンクに0勝4敗の屈辱を味わわされた“打倒パ・リーグ”に置いていた。オフにはFAで横浜DeNAから梶谷、井納を獲得。新外国人としてスモークとテームズを補強して、盤石の体制を作ったが、阪神に開幕ダッシュを許し、シーズン途中にメジャーを戦力外になった山口、日ハムで暴力問題を起こした中田を獲得したが、ペナントレースの流れを変えることができなかった。


それでも読売グループは、原監督の続投方針を固めている模様。一部スポーツ紙は「原続投」の一報も打った。すでに水面下では、原監督の命を受けて、来季の組閣人事に動いているという。


広岡氏は、こんな意見を持つ。



「性懲りもなくまた外から選手をたくさんとり、ファンの方々は、原巨人は勝って当たり前だと思っていただろう。だが、結果は、このていたらくだ。いい選手を取れば勝てるわけでないことがわかっただろう。優勝を逃した責任は原が負うべきではないか。実質、原は、GM的な役割も兼ねた全権監督としてチームの指揮を執ってきたのだからなおさらだ」


広岡氏だからこそ言える厳しい提言だ。


原監督には2つの責任の取り方がある。


ひとつは監督辞任。もうひとつは来季チームの再建を果たしてから、次の監督、すなわち阿部2軍監督にバトンを渡すという方法。

「では、原のあとの巨人を誰が監督としてまとめるのかという問題がある。原としては阿部にバトンタッチをするつもりで2軍監督に置いたのだろう。去年、今年と2度、1軍のコーチも経験させている。だが、まだ経験は足りないのかもしれない。では阿部までに誰につなぐのか、となれば、すっと候補者も出てこない」と広岡氏。



前述したように現在は、原監督の続投でチームを再建する方向で進んでいるようだが、ネット上などでは、広岡氏の意見同様、その方針に反発するファンの声もある。巨人の連敗ストップは、いつになり、そして来季の指揮は誰が執るのか。巨人の残り試合は5。今日16日には4位の広島との直接対決。広島は若きエースの森下をぶつけてくる。

巨人がBクラス転落危機の屈辱の9連敗で借金生活突入…4被弾で逆転負け 巨人がBクラス転落危機の屈辱の9連敗で借金生活突入…4被弾で逆転負け Reviewed by RichKid on 10月 16, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.