SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

渋野日向子が猛チャージ!-5のノーボギーは流石メジャーチャンピオン…鳥肌がたちました

 前日に「75」とスコアを落とし、トータル1オーバー・33位タイで決勝ラウンドに入った渋野日向子は、ムービングデーに5バーディ、ボギーなしの快進撃。トータル4アンダーに伸ばしトップ10圏でホールアウトした。そのラウンド後には「昨日のゴルフは絶対しない。昨日の自分とはおさらばして、朝からしっかり準備してできることをやりました」と話した。



2人1組となる第3ラウンドは、ツアー通算5勝のイ・ミニョン(韓国)と午前9時11分に1番からティオフ。すると4つパーを並べて迎えた5番パー5で、3打目を1メートル弱につけバーディが先行した。7番でも1メートル、9番では3.5メートルを沈める。ショット、パットに苦しんだ第2ラウンドがウソだったかのように、この時点でトータル2アンダーまでスコアを戻した。


後半に入っても、安定感のあるゴルフは変わらず。この日最後のパー5となる14番では、3打目にもう少しでイーグルというアプローチも繰り出した。ここでバーディを奪うと、予選2日間でともにボギーを叩いた“鬼門”の17番もパーで切り抜ける。すると最終18番では、ユーティリティで打った2打目をベタピンにつけ大歓声を引き出した。本人も「鳥肌がたちました。球が飛んで行ってる瞬間も鳥肌が立ったし、(グリーンに)着いた瞬間の大歓声でまた鳥肌。18番のティ、セカンド、グリーンから見る景色はいい光景でした」という完璧な一打になった。



それを楽々流し込む見事なバーディ締めで、笑顔でホールアウト。ナイスショットもあったが、本人が特に手応えを感じたのはパットだった。「チャンスについたのが決まってくれた。ベタピンが2コくらいあったので、それが獲れたのもあるけど、それよりパーパットを決められたのがうれしいです」と、耐えながら伸ばせたのは大きい。


今大会初となるボギーフリーも達成。「1位との差は詰められたので、まだまだ分からない。今日のゴルフが100点とは思えないけど、今日の自分に勝てるようなゴルフを明日したい」。プレーを終えた時点でトップとの差は5打と開いているが、確実に上位を狙える位置につけた。最終ラウンドとなるあす、さらなる“マンデーチャージ”に期待したい。



周りが苦戦しているなか-5のノーボギーは流石メジャーチャンピオン。見ていない私も鳥肌がたちました。海外挑戦前に流石のラウンド!ギャラリーを魅了。明日も鳥肌立つゴルフしてください。

渋野日向子が猛チャージ!-5のノーボギーは流石メジャーチャンピオン…鳥肌がたちました 渋野日向子が猛チャージ!-5のノーボギーは流石メジャーチャンピオン…鳥肌がたちました Reviewed by RichKid on 10月 03, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.