SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

トマス杯の準々決勝で韓国に大逆転勝利!日本は準決勝に進出4

 10月15日に開催された男子国・地域別対抗戦トマス杯(デンマーク・オーフス)7日目は、トマス杯の準々決勝が行なわれた。日本男子は準々決勝で韓国と対戦。0-2からの逆転勝利を飾り、準決勝の切符を手にした。



2014年以来、7年ぶり2度目の世界一に挑む日本男子は、準々決勝で韓国と激突。若手中心に勝ち上がってきた相手に対し、日本は経験豊富なメンバーで迎えうった。


試合の流れをつくるトップシングルス、日本はエースの桃田賢斗が登場した。相手は、東京オリンピックの予選リーグで苦杯を喫した許クァンヒ(ホ・クァンヒ)となり、桃田にとってはリベンジの絶好の機会となるはずだった。しかし、勝ったのは許クァンヒ。第1ゲームは、お互いに連続得点でリードを奪い合う展開となると、桃田が16-14の場面から5連続失点を喫し、そのまま許クァンヒに押しきられる。第2ゲームも11-15とリードを許した桃田が、一時は17-18まで迫ったものの、再び終盤に引き離されて0-2のストレート負け。日本が先制ポイントを奪われた。



さらに第1ダブルスは保木卓朗/小林優吾が、韓国のダブルス陣を牽引する催率圭(チェ・ソルギュ)/徐承宰(ソ・スンジェ)に18本、13本で敗戦。まさかの連敗を喫した日本が、0-2と追い込まれた。


しかし、この流れを変えたのは第2シングルスの常山幹太。団体戦ではここ一番で強みを発揮する男が、起死回生の勝利をつかむ。韓国の全奕陳を第1ゲーム21-10で封じると、続く第2ゲームは9連続ポイントで突き放して21-16で勝利。この後に登場した第2ダブルスの古賀輝/渡辺勇大も、負ければ終わりとなる戦いを21-15、21-18で制して、日本が2-2のイーブンに戻した。



逆転勝利まであと1勝とした日本は、第3シングルスの西本拳太がコートに立った。大舞台での経験が少ない相手に対して、第1ゲームを21-15でモノにした西本。第2ゲームも大きくリードを広げ、最後は21-10で快勝。逆転に成功した日本が、苦しみながらも3-2で韓国を下しベスト4進出を決めた。


タイと中国の準々決勝は、中国が3-0で勝利。日本は準決勝で中国と激突することが決まった。



日本戦の結果は以下の通り。


日本 3-2 韓国

MS1 桃田賢斗●0〔19-21、17-21〕○2許クァンヒ52分

MD1 保木卓朗/小林優吾●0〔18-21、13-21〕○2催率圭/徐承宰45分

MS2 常山幹太○2〔21-10、21-16〕0●全奕陳48分

MD2 古賀輝/渡辺勇大○2〔21-15、21-18〕0●金元昊/姜敏赫48分

MS3 西本拳太○2〔21-15、21-10〕0●チョ・コンヨプ



桃田選手何とか復活してもらいたいですね。気持ちの問題でしょうか。ちょっと弱気になる時がありますね…


2連敗してどうなることかと思ったけど、かんたさんにけんたさん頑張ったのですね!シングルもダブルもトップは負けても、2番手3番手の層の厚さが勝っていたのかな。

トマス杯の準々決勝で韓国に大逆転勝利!日本は準決勝に進出4 トマス杯の準々決勝で韓国に大逆転勝利!日本は準決勝に進出4 Reviewed by RichKid on 10月 16, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.