SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

岸田内閣の支持率49%…菅内閣や安倍内閣よりも低くなっています

 毎日新聞と社会調査研究センターは4、5日、岸田文雄内閣の発足を受け緊急の全国世論調査を実施した。内閣支持率は49%と5割に届かず、昨年9月の菅義偉内閣発足時の64%を大きく下回った。不支持率は40%だった。閣僚の顔ぶれに「期待感が持てる」との回答は21%にとどまり、「持てない」が51%に上った。



発足直後の支持率は新首相への期待から高めに出る傾向がある。岸田内閣最初の支持率は、菅内閣最後となった前回調査(9月18日)の37%より上がったものの、歴代内閣の発足時と比べ低調な船出と言えそうだ。調査方法が異なるため単純に数値の比較はできないが、過去20年間では麻生太郎内閣発足時(2008年9月)の45%に次ぐ低さとなった。


岸田内閣を支持すると答えた人にその理由を尋ねたところ「首相の人柄に好感が持てるから」27%、「政策に期待が持てそうだから」25%、「自民、公明の連立内閣だから」18%などとなった。支持しない理由では「政治が変わりそうにないから」が58%を占め、「政策に期待が持てそうにないから」が20%だった。



岸田首相は「新しい資本主義の実現」などを掲げて首相に就任したが、政治の変化を求める層の期待感は高まっていないようだ。その背景には、9月の自民党総裁選で安倍晋三元首相の出身派閥・細田派や麻生元首相の率いる麻生派など従来の主流派から支持を集めた経緯がある。


自民党幹事長に麻生派の甘利明氏を起用した人事に対しては「評価しない」との回答が54%に上り、「評価する」は22%にとどまった。安倍、麻生両氏の影響力が強まったと言われていることについては、岸田首相の政権運営に「マイナスになる」と思う人が59%で、「プラスになる」の23%を大きく上回った。


自民党支持層でも「プラス」は47%で、「マイナス」の32%を上回ったものの、「長老支配」への抵抗感が自民支持層にもあることがうかがわれる。自民支持層で甘利幹事長人事を「評価する」のは41%で、「評価しない」29%、「わからない」29%だった。



調査は携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)機能を使う方式と、固定電話で自動音声の質問に答えてもらう方式を組み合わせ、携帯725件・固定310件の有効回答を得た。


参考までに菅内閣発足時(2020年9月)の内閣支持率は64%、第2次安倍内閣発足時(2012年12月)の内閣支持率は52%でした(毎日新聞)。 今回調査の岸田内閣は、不支持率も40%と、「支持率ー不支持率」の差が8%ということで、やや厳しい船出の印象があります。自民党総裁選の戦いが熾烈だったことの余波にくわえ、党役員人事・閣僚人事に対する評価も影響が出ているかも知れません。



各社の情勢調査では質問の設計等に差異があるため、今後発表されるであろう各社情勢調査では40%台後半から50%台前半の数字がややばらついて記録されると予想されます。いずれにせよ、そこまで高くない支持率が落ちないうちに解散総選挙を行うことが重要との判断からの日程前倒しであることが裏付けられた格好です。

岸田内閣の支持率49%…菅内閣や安倍内閣よりも低くなっています 岸田内閣の支持率49%…菅内閣や安倍内閣よりも低くなっています Reviewed by RichKid on 10月 05, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.