SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

2敗目、痛恨のパスミス…この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選は7日、各地であり、B組の日本(世界ランキング26位)はサウジアラビア(同56位)と敵地のジッダで対戦し、0―1で敗れた。日本は後半26分にバックパスを奪われて失点した。日本は1勝2敗で勝ち点は3のまま。サウジアラビアは3連勝で勝ち点9。日本の次戦は12日、埼玉スタジアムでオーストラリア(同32位)と対戦する。



厳しい戦いの中で、あってはならないミスだった。


後半26分、右サイドのハーフウェーライン付近でボールを持ったMF柴崎岳がDF吉田麻也に送ったバックパスが左にずれた。素早く反応したサウジアラビアのFWブリカンに奪われ、GK権田修一と1対1に。権田の股を抜くシュートを決められた。


観客の入場制限が撤廃され、完全アウェーの雰囲気の中で行われた試合。立ち上がりから一進一退の攻防が繰り広げられた。



前半に決定的なチャンスを作ったのは日本だった。29分、MF鎌田大地の縦パスにFW大迫勇也が抜け出した。しかし、シュートはGKに左手で防がれた。


後半はサウジアラビアにペースを握られた。5分、中盤で柴崎がボールを失うと、カウンターを受ける。GK権田の左足での好セーブでことなきを得た。


ただ、この場面にも象徴されるように柴崎はサウジアラビアからボールの奪いどころとして狙われ、ミスが増えていた。問題点を修正できないままに失点。MF守田英正と交代したのはその直後だった。



1点を追う日本は途中出場のMF原口元気とFW古橋亨梧の連係などでチャンスを作ったもののゴールは奪えなかった。試合終了の笛が鳴ると、敵地のスタジアムは大歓声に包まれた。


3試合を終えて1勝2敗。初戦でオマーン代表に敗れ、黒星スタートとなった日本は中国を下し9月を1勝1敗で乗り切った。これまでに日本がW杯の本大会に出場した最終予選で、3戦目までに2敗したことはない。序盤からつまずき、追い込まれた状況で、次はライバル、オーストラリア戦に臨む。


試合後、森保一監督は「まだまだ諦めなければ、必ずW杯に行ける切符はつかみ取れると思っている」。主将の吉田は「予選が終わったわけではない。次、オーストラリアに勝つしかない。結果が出なければ協会、監督、選手が責任をとる覚悟はできている。終わってから判断してもらえばいい」。ともに険しい表情で言った。



この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。


権田修一は6.0点 失点は仕方なし。前半と後半に1本ずつビッグセーブを披露した。


酒井宏樹は5.5点 なかなか上がっていけないなど、普段のような圧倒的な存在感はなかった。


吉田麻也は6.0点 失点は悔やまれるが、個人のパフォーマンスは問題なし。身体を張った。


冨安健洋は6.5点 対人戦、カバーリング、ビルドアップのすべてが完璧。唯一高評価できる存在。



長友佑都は5.0点 攻撃に厚みを加えられず、守備も満足いくレベルではない。厳しい結果に。


遠藤航は5.5点 立ち上がりはまずまずの出来も、時間が経つにつれ存在感が薄くなっていた。


柴崎岳は3.5点 中盤でボールロスト散見。バックパスのミスで失点を招くなど最低の出来。


浅野拓磨は5.5点 精力的に動いたが、チャンスには多く絡めず。後半に入りいきなり交代。


鎌田大地は4.5点 一本見事なスルーパスを出したが、その他に見せ場はなく。厳しいマークに苦戦した。


南野拓実は4.0点 全くと言っていいほどボールに触れられず。相手にとって怖い存在ではなかった。



大迫勇也は5.0点 チャンスは作り出すも得点には繋げられず。FWとしての仕事を果たせなかった。


古橋亨梧は5.0点 またも左サイドで出場。ボールに触れる機会は少なかった。


原口元気は5.0点 守備に回る時間が多く、流れを変えるには至らなかった。


守田英正は5.5点 落ち着いて試合に入ったが、そこまでの存在感はなかった。


オナイウ阿道は5.0点 出場時間の問題もあるが、ボールが回ってこなかった。


中山雄太 – 出場時間短く採点不可


森保一は4.0点 またも無得点で敗戦。交代も慌てて送り出したもので、明確な狙いは見えず。

2敗目、痛恨のパスミス…この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか 2敗目、痛恨のパスミス…この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか Reviewed by RichKid on 10月 08, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.