SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

膳場貴子アナ戦闘態勢で痛烈質問…真実は何?t

 これを言うならきちんと高市氏側のコメントも載せないとフェアじゃないよ。



民主政権時代のコメントで、生活保護費の不正受給が多かったことに対するコメントであった。税金の使われ方は公平公正であるべきと述べて膳場さんはダンマリでしたけど。


デイリースポーツonlineで記事の内容は、


元NHKアナウンサーで現在はTBS「報道特集」のキャスターを務める膳場貴子アナが8日、自民党総裁選に立候補した高市早苗前総務相の出馬会見に出席。厳しい質問で迫った。



質疑応答で指名された膳場アナは「TBS報道特集の膳場です」と名乗ると、高市氏は初めてその存在に気付き「あ、膳場さんですか。こんばんは」と思わず、驚きの声を上げ、笑顔を見せた。


膳場アナは「こんばんは」と早口で応じたあと、「政権構想では、経済的な弱者や格差の解消にほとんど言及されていないので、どういうお考えなのか是非、おうかがいしたいと思います」と質問すると見せかけ、「ちなみに、高市さんは2012年の『創生』日本の研修会で、社会保障を考える文脈でこういうことをおっしゃってます」と続けた。


そこから「『さもしい顔をしてもらえるものはもらおうとか、弱者のフリをして、少しでも得をしようと、そんな国民ばかりいたら日本が滅びる』こういう風に発言してらっしゃいます。あの、困窮する国民をどういう目でみてらっしゃるのか、確認をさせてください。その上で、この発言について弱者への視点が欠けている不安、批判の声があるが、どう受け止めているか聞かせて下さい」と迫った。



人気アナの戦闘モードに、最初は笑顔だった高市氏も次第に表情はこわばった。しかし発言が民主党政権時に生活保護の不正受給が問題になっていたときの発言でだったと注釈し、困窮問題などへのさまざまな政策を並べた。しかし発言に正面からは向き合わなかった。


その上で、「私に対して非常に色がついていると見られるというご指摘だが、これが私です。私は私の信念を持って、政策を発信してまいりましたし、実行もしてきた。今のありのままの私を、みなさまがどう評価していただけるのか、あんなんじゃダメだぞと言われるのか、そのまま自然体でいていいんだよと言って下さるのか、それは分かりませんが、これまでのことも含めてこれが私でございます。わりと素直な方で、同僚議員のアドバイスにも柔軟に対応してきた方です」と情感に訴えた回答でかわした。


上記は記事の全内容です。



これは正確な内容ではありません。高市氏は「当時は生活保護の不正受給問題があり、それについて述べたものだ」と答えています。膳場氏はその前提をはしょって、一般論として質問しています。


生活保護の不正受給問題は社会保障の本旨を歪める社会的不正義です。それが蔓延すれば日本は滅びる(財政面だけではなく精神面も)というような表現は、間違っていることではありません。


なお「高市氏の笑顔が消えた」という表現も誤解を誘導するもので、そもそもこういう問題について政治家がニヤニヤ笑いながら答えるべきものでしょうか。会見現場にいて目にしたのは、誤解を生じやすい質問に対して真剣に答えようとする高市氏の姿でした。

膳場貴子アナ戦闘態勢で痛烈質問…真実は何?t 膳場貴子アナ戦闘態勢で痛烈質問…真実は何?t Reviewed by RichKid on 9月 09, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.