SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

痛恨ドローの韓国、主将ソン・フンミンがイラクの“時間稼ぎ”を批判!イラクメディア、「ソン・フンミンは男らしくない、ピッチを去れ」son

 9月2日に行なわれたカタール・ワールドカップ・アジア最終予選の初戦で、韓国はソウル・ワールドカップスタジアムでイラクと対戦。痛恨のスコアレスドローに終わった。



序盤から圧倒的にボールを支配した韓国は、しかし自陣に引いたイラクを崩せない。 26分には、10番のイ・ジェソンが絶好機を迎えるも、至近距離からのシュートを決めきれない。


頼みのソン・フンミンも、チャンスを構築したものの、決定的な仕事はできず。最後まで相手の堅牢を崩すことができなかった。


さすがにフラストレーションが溜まっていたのだろう。試合後、キャプテンのソン・フンミンはイラクの時間稼ぎを批判したという。韓国メディア『InterFootball』などが伝えている。



試合後のインタビューで、「この結果を受け入れるのは難しい。何を言えばいいのか分からない」と切り出したエースは、こう続けた。


「僕たちのミスで得点ができなかったのは事実だけど、イラクは時間稼ぎをしていた。これではサッカーの発展はない。ひとりのサッカーファンとして残念だ」


それでも気持ちを切り替え、「今日の試合に勝てれば良かったが、最終予選が難しいのは誰よりも分かっている。しっかり準備をして、火曜日に良い結果を収めて、所属チームに戻りたい」と意気込んだソン・フンミン。



この発言に反論したのが、2005~2006年に韓国代表を率いた経験もあるイラクのディック・アドフォカート監督だ。韓国のスポーツメディア『Sportal Korea』によれば、試合前の会見で「ベッド・サッカー(倒れて時間稼ぎをするようなサッカー)はしない」とわざわざ公言していたオランダ人指揮官は、ソン・フンミンの批判に対して、次のようにコメントした。


「根拠のない発言だ。(時間稼ぎがサッカー界の発展にならないという)ソン・フンミンの主張はもっともだが、(イラクが時間稼ぎをしていたという)その発言は同意できない」



韓国については、「良いチームだった」としながらも、「2~3回しかチャンスを作らせなかった。我々の守備を称賛したい」と語り、選手たちを称えている。


一方、イラクメディア、転倒する韓国代表ソン・フンミンの写真投稿し「男らしくない、ピッチを去れ」


韓国メディア「ノーカットニュース」によると、去る1日イラク出身のデザイナー アンマール・クリ氏は自身のInstagram(インスタグラム)にイラク選手2人が縄で縛られたソン・フンミンを囲んで笑顔を見せる合成写真を投稿。さらに同日、イラクのプロサッカーニュースを伝える「エアフォースニュース31」は公式Instagramを通して、イラク代表DFアーマド・イブラヒムがソン・フンミンの顔を踏みつける合成写真を投稿し、韓国サポーターへの挑発を続けた。



そして試合後、エアフォースニュース31はInstagramに転倒してピッチに座り込むソン・フンミンの写真を投稿した上で「Football is made for men, if you are not for men, you should leave it immediately(サッカーは男性がするもの。君が男らしくないなら、すぐにピッチを去れ)」と記載。


試合前から続いた「度を越した挑発」、また試合後に侮辱するような投稿をしたイラクメディアに対し、「サポーターの怒りは沸点に達した」と韓国メディアは伝えている。


一方、韓国代表は来る7日、水原ワールドカップ競技場でレバノンと第2戦を戦う。

痛恨ドローの韓国、主将ソン・フンミンがイラクの“時間稼ぎ”を批判!イラクメディア、「ソン・フンミンは男らしくない、ピッチを去れ」son 痛恨ドローの韓国、主将ソン・フンミンがイラクの“時間稼ぎ”を批判!イラクメディア、「ソン・フンミンは男らしくない、ピッチを去れ」son Reviewed by RichKid on 9月 03, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.