SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

経産省は音楽イベントの補助金取り消し…「がんばってた業界の首絞めやがって」にSNS沸騰

 経済産業省は7日、愛知県で開かれた野外音楽イベント「NAMIMONOGATARI2021」に対する最大3千万円の補助金交付を取り消す方針を決めた。会場での新型コロナウイルス感染対策が不十分だったと確認した。関係者によると、主催会社側に7日付で通知文書を送った。



イベントは愛知県常滑市で8月29日に開かれ、主催会社によると約8千人が参加した。会場で酒類が提供されるなど感染対策が徹底されていなかったとして、愛知県が抗議していた。


このイベントを巡っては、観客ら14人の感染が判明し、愛知県がクラスター(感染者集団)の発生を認定したことが7日に明らかになった。


「波物語」では密な会場での酒類提供などが続々と明らかになった。SNSでは「補助金取り消し」がトレンド入り。「イベントでクラスター発生。3000万円の補助金取り消しは当然」「そりゃそうだわ。がんばってた音楽イベント業界の首を絞めやがって」などの怒りや憤りのコメントが相次いだ。



このほか、補助金が交付される予定についての反発が大きかったこともあり「ほんと日本はおかしいよ。GoToにしろ、感染広げる方に税金使うんだもん。欧米は休んでも生活できるように補償。それが普通でしょう」「経済回すって意味ならあのタイミングでも仕方ないだろうけど、一番警戒している感染対策がアレでは仕方なし」「補助金取り消しになったら元も子もないね。強行はよくないよ」「ダメなフェスだったとしても補助金取り消しは前例作っちゃダメな気がする」などさまざまな声が寄せられた。



補助金によるイベント支援策は、デルタ変異株による第5波が収束して、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除された段階で実施すべきではないか。感染状況に関わらず、大規模イベント再開で最大3000万円もの補助金が支給されるのであれば、感染が拡大する中でも大規模イベントの開催に強いインセンティブを与えてしまうことになる。今回の音楽イベントのように利益優先で感染対策を軽視する事業者が出てくる恐れもあり、それによってクラスターが発生、コロナの感染拡大が助長されることにもなりかねない。昨年のGo toキャンペーンによる観光需要喚起策も、感染拡大期にあえて人の移動を促す政策を実施したことで、感染拡大に歯止めがかからなくなり、緊急事態宣言発出を余儀なくされ、巨額の経済損失が発生することになった。補助金を使ったイベント支援策も、実施時期を見過ればGo toキャンペーンと同じ結果を招く恐れがある。

経産省は音楽イベントの補助金取り消し…「がんばってた業界の首絞めやがって」にSNS沸騰 経産省は音楽イベントの補助金取り消し…「がんばってた業界の首絞めやがって」にSNS沸騰 Reviewed by RichKid on 9月 08, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.