SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

バレンティンがソフトバンク退団へ…球団OBから「バレンティン獲得すべき!」の声

 2013年にシーズン60本塁打のプロ野球記録を樹立したソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手が今季限りで退団することが28日、分かった。



今季で2年契約の2年目が終了。11―19年にプレーしたヤクルトで通算288本塁打を放ったが、20年の移籍後は同13本塁打にとどまっていた。10月上旬に帰国予定で、30日のウエスタン・中日戦(タマスタ筑後)がソフトバンクでの「ラストゲーム」となる見込み。日本での現役続行を希望しているという。


バレンティンが「不完全燃焼」のまま、福岡での2シーズンを終える。9月25日に自身のSNSで30日のウエスタン・中日戦がラストゲームになることを示唆。今後の戦力構想に入っていないとみられ、10月上旬に帰国予定。このまま退団することが確実となった。



ヤクルトでの9シーズンで通算288本塁打を放ち、外国人枠から外れる2020年から年俸5億円プラス出来高払い(金額は推定)の2年契約を結んだ。長打力が期待されたが、入団1年目は60試合の出場で打率1割6分8厘、9本塁打、22打点に終わった。


2年目の今季は開幕2軍スタート。5月18日に1軍昇格し、6月13日のヤクルト戦で通算300本塁打と同1000安打を達成。「今まで積み重ねてきた数字なので素直にうれしい」と話したが、打撃の状態が上向かずに同25日に出場選手登録を抹消された。



その後の1軍昇格はなく、今季はここまで22試合の出場で打率1割8分2厘、4本塁打、9打点。自身の会員制交流サイト(SNS)での意味深な発信も何度も話題になり、8月には「神宮のファンの前で記念試合ができることを願う」という趣旨の投稿もあった。


28日はウエスタン・中日戦に「3番DH」で先発。2軍戦出場は10試合ぶりで、試合前は普段と変わらない様子でチームメートと談笑し、ファンの子どもに「頑張って」と声を掛けられると「アリガトウ」と笑顔で応えた。試合は7回の打席で代打を送られ、2打数無安打だった。



中日OBや関係者の間から、ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手を獲得すべきだとの声が出ている。


自身のSNSに引退を示唆する投稿をしてきたバレンティンだが、ここにきて来季以降も現役続行の意思があることを明かした。


この発言を受け、中日OBは「バレンティン本人が年俸を気にしないと言うのなら絶対に獲得すべきだよ。ソフトバンクでは2年間、高額な年俸をもらっていたけど、ほとんど二軍暮らしだったから、おカネよりも一軍でプレーしたいのでは。中日は一発長打のある打者がビシエドぐらいしかいないし、そのビシエドだって今季限りで3年契約が切れる。来季も中日にいる保証はないわけだから」と指摘した。



28日現在、中日はリーグトップの防御率3・24を誇る投手陣に対し、野手陣はチーム打率2割3分9厘、363得点、65本塁打といずれもリーグワーストに低迷。前カードのヤクルト戦でも40年ぶりの同一カード3試合連続無得点と歴史的な屈辱を味わったばかりだ。


あまりの惨状にチーム関係者も「球団におカネがなくて、も年俸にこだわらないと言っているバレンティンはほしい。ウチはヤクルト時代のバレンティンからよく痛恨の一発を食らったし、外国人枠ではなく日本人扱いなのも魅力。来季こそ貧打を解消してしっかりとした補強をしないと勝てない」と訴える。


来季は強竜打線としてドラゴンズのユニホームに袖を通したバレ砲の勇姿が見られるか注目だ。



◆ウラディミール・バレンティン 1984年7月2日生まれ。カリブ海にあるオランダ領キュラソー出身。米大リーグのマリナーズ、レッズなどを経て2011―19年はヤクルトでプレーし、11年から3年連続セ・リーグ本塁打王。13年はシーズン60本塁打のプロ野球新記録を樹立し、セ・リーグMVP。20年からソフトバンクでプレーし、今年6月13日のヤクルト戦で通算300本塁打と同1000安打を達成した。日本での通算成績は28日現在で1104試合に出場して打率2割6分6厘、1001安打、301本塁打、794打点。185センチ、100キロ。右投げ右打ち。

バレンティンがソフトバンク退団へ…球団OBから「バレンティン獲得すべき!」の声 バレンティンがソフトバンク退団へ…球団OBから「バレンティン獲得すべき!」の声 Reviewed by RichKid on 9月 29, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.