SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

大坂なおみはラケット投げ客席へボール打ち込み警告!「子どものようだった」「しばらく競技から離れる」nao

 テニスの全米オープンは3日、女子シングルス3回戦が行われ、第3シードの大坂なおみは18歳で世界ランク73位のL・フェルナンデス(カナダ)に7-5,6-7 (2-7),4-6の逆転で敗れて4年連続4度目のベスト16進出とはならず、大会2連覇と3度目の制覇を逃すこととなった。試合後の会見では涙を見せ、しばらくの間大会出場を控えると明かした。



初の対戦となったこの試合、序盤は互いのサービスゲームのキープが続くも第11ゲームで大坂がフォアハンドウィナーを決めるなどでブレークに成功。第1セットを先取した。


第2セットも第1セットと同様にサービスゲームのキープが続くが第11ゲームで再び大坂がブレークを奪い勝利まであと一歩に迫る。しかし、サービング・フォー・ザ・マッチとなった第12ゲームでこの日初めてのブレークを許すと流れはフェルナンデスに。タイブレークではミスを重ねた大坂がラケットを叩きつけ怒りを表すなどでセットカウント1-1に追いつかれる。



ファイナルセットでは第1ゲームで先にブレークされた大坂が最後まで精彩を欠き、2時間4分で力尽きた。


2018・2020年の同大会を制している23歳の大坂。2連覇と3度目の全米オープン制覇を狙っていたが、今年は3回戦で姿を消すこととなった。


試合後の会見では「あまりいいプレーができなかったと思う。全然うまく動けなかったし。私のリターンのスタッツは本当にひどいものだと思う。彼女(フェルナンデス)のサーブは爆弾のようなものではなかったから何とも言えないけど」と話した。



また、大坂は東京オリンピックでのM・ボンドロウソワ(チェコ)戦、W&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTA1000)でのJ・タイシュマン(スイス)戦と左利き選手に2連敗を喫していたため、この日の敗戦で対左利き選手3連敗となった。


「右利きの人を相手にしても返せなかったと思うから、気持ちもわかんない。今の自分のプレーについて、何と言えばいいのかよくわからない感じ。リターンが駄目だったのも彼女のサーブのせいではないと思う。私はこれまでもサーブの上手い人たちを相手に、うまくリターンできていたから。以前にもこのような状況に陥ったことがあるし、今回のことが原因だとは思えない」


最後に大坂は涙を流しながら自身の思いを述べた。


「最近の私は、例えば、勝ってもうれしいとは思わないような気がする。どちらかというとホッとする感じ。そして、負けたときはとても悲しい気持ちになる。それって普通じゃないと思うの。本当は泣きたくなかったんだけど」



「最後まで話したい。ごめんなさい。これはとても表現しづらい。基本的には、自分が何をしたいのかを考えている段階で、次のテニスの試合がいつになるのか、正直言ってわからないという感じ。ごめんなさい。しばらく試合は休もうと思っている」


ボールをスタンドに強打の“暴挙”も


勝ちを逃し、ミスが増えてイライラが募る。タイブレイク0―1でフォアのアンフォーストエラー(UE)が出て、ラケットでコートをたたく。続くポイントもフォアのUEで奪われ大声を上げる。4、5ポイント目もフォアのミス。続けてラケットをコートに投げつけ、自滅する形で失速した。第3セット第2ゲームではボールを観客席に打ち込み警告を受けた。


珍しく警告を受けるほど荒れたことについて、会見で聞かれると「本当に申し訳なかった。なぜだかは分からない。自分で自分に落ち着くよう言い聞かせていたが、何か沸点のようなものがあった」と話した。



「いつもはチャレンジが好きだが、最近は思い通りにならないと不安を感じてしまう。最近は勝っても楽しくない。もっと安心感を得たいと思う。だけど負ければ悲しい気分になる。とても普通じゃない」と吐露した。


どうにも自分の感情、行動がコントロールできなかった前回女王の振る舞いには、容赦ないブーイングが浴びせられていた。



今季は全豪オープンで2度目の頂点に立ったが、全仏オープンでは精神的負担を理由に記者会見を拒否して2回戦を棄権し「うつ」に悩まされてきたことを告白した。聖火台への点火者を務めた東京五輪まで約2カ月間、実戦から遠ざかった。今大会前にはSNSに「私自身や、私が達成してきたことをもっと褒めたたえたい」などと記していた。完全復活には時間を要することになりそうだ。

大坂なおみはラケット投げ客席へボール打ち込み警告!「子どものようだった」「しばらく競技から離れる」nao 大坂なおみはラケット投げ客席へボール打ち込み警告!「子どものようだった」「しばらく競技から離れる」nao Reviewed by RichKid on 9月 05, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.