SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

新型コロナ感染のジャンポケ斉藤は入院していた…体力あっても、後遺症とかあるし、しんどいでしょうjun

 新型コロナウイルスに感染したお笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二(38歳)が8月14日から12日間、症状悪化により入院していたことを5日、トリオのYouTubeチャンネル「ジャンポケTV」で明かした。明日6日から仕事復帰する。療養期間終了後も血中の酸素飽和度が低くなるなど後遺症が残り、仕事を休んでいた。トリオは「ネタができるコンディションではない」と今月2、3日に東京・日経ホールで行われたコント日本一決定戦「キングオブコント2021」準決勝への出場を辞退した。



8月10日に発熱し、PCR検査を受けた結果、陽性と診断。斉藤は「発症から5日目、(8月)14日から25日まで12日間、入院していました」と報告。8月25日から、この日9月5日まで自宅療養していた。


リーダー・太田博久(37歳)は「コロナの自宅療養は終了していたんですが、後遺症がありまして。斎藤さんの体内酸素の数値が、ちょっと動いたり、声を出しりした時に、どうしても90前半まで、すぐに落ちてしまうということで、仕事ができるコンディションではない。ここが安定するまで自宅で療養しようと会社側ともお話しをして、それが落ち着いてきて、明日から本格的に復帰していこうということで、この動画で説明させてもらうということで」とした。



斉藤によると、陽性と診断された8月10日に「今までにない苦しさだな」と救急車を呼んだが、入院先が見つからず。救急車を呼んだ時点で、熱は41度まで上がっていた。


2日目、さらに病状が悪化。妻が救急車を呼んだ。太田が送ってくれたパルスオキシメーターで血中の酸素飽和度を計ると、80%台の時もあった。救急隊からは肺炎、中等症と言われたが、入院先は見つからず。3日目から薬を服用、酸素も吸入。ようやく5日目に受け入れ先が見つかり、入院した。



「キングオブコント」については「自分たちには大きな大会で、ネタを書いている太田、台詞を覚えてくれるおたけに対しても頑張りたいと思い、完ぺきな状態で臨みたかったんですが、自分の中でも完治していないという現状がありまして、5分間ネタをやるというのは難しいかなというので、本当に申し訳ないですが、今回は辞退という形で。キングオブコントに出て頑張っている芸人さんたちにも、この状態で出るのは失礼だと思いました」と説明。


「入院した時に医療従事者の方々に毎日のように優しく自分の治療にあたってくださって。皆さんが一番大変な時期なのに、救われました。もっとひどくなっても、おかしくなかったので、今こうやって仕事復帰できて、みんなの前でしゃべれるというのは、すべて医療従事者の方々のおかげです」と感謝した。



おたけ(38歳)も8月13日に感染し、10日間の自宅療養で回復した。

新型コロナ感染のジャンポケ斉藤は入院していた…体力あっても、後遺症とかあるし、しんどいでしょうjun 新型コロナ感染のジャンポケ斉藤は入院していた…体力あっても、後遺症とかあるし、しんどいでしょうjun Reviewed by RichKid on 9月 06, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.