SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

hy4_4yhのプロデューサー江崎マサルが死去…自宅療養中に急変、ワクチンは未接種

 hy4_4yhのプロデューサーを務める江崎マサルが、新型コロナウイルスに感染し、8月31日夕刻に亡くなったことが発表された。



経緯として、「8月21日メンバーyukarinの新型コロナウイルス陽性が確認された後から自粛隔離として自宅待機をしておりました。その時点での検査は陰性でした。8月24日メンバーchanchalaの陽性が確認された後、2回目の検査を受けて陽性が確認されました。保健所の指示のもと、軽症であったことから本人の希望により自宅療養しておりましたが容体が急変し、帰らぬ人となりました」と記された。なお、新型コロナワクチンは未接種だったという。


「本日9月6日(月)15時30分に荼毘に付されます。2005年からともに歩んできた者の訃報を報告しなくてはいけない事態になったことは痛恨の極みです。これまでご協力・ご声援をいただきました全てのファンの皆様、関係各位の皆様に感謝申し上げます。また、江崎マサルと親しかった皆様には、弊社より直接ご挨拶させていただいておりますが、ご連絡先がやむをえず分からない方には、残念ながらお伝えできません。その場合、何卒ご容赦のほどよろしくお願い申し上げます。hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)の今後の活動につきましては、本公式サイト、Twitter等でお知らせしてまいります。」とつづられた。



江崎は俳優業を経て、葉加瀬太郎プロデュースのもとロックバンド、ストロボ ローディーズを結成。バンド解散後、住友紀人プロデュースでソロデビューを果たし、ヴィジュアル系バンド・Λuciferのリズム隊と結成したオルタナバンド・AMIDAや、すわひでおと結成したコミックバンドユニット・すわマサルでも活動した。


またAKB48、織田裕二、日本エレキテル連合など数多くのアーティストに楽曲を提供し、舞台音楽やゲーム音楽、CM音楽の作家としても活躍。活動20周年を迎えた今年3月にはエザキマサル卍名義でのソロ活動を開始し、7月まで隔月で配信シングル「LOVE GENOME」「そのWAY→その上」「1991 NICE!」をリリースした。



2005年から自身の所属会社アーティスト・hy4_4yhのプロデュースを担当した江崎。彼の最後の制作楽曲は8月25日にリリースされたhy4_4yhによる竹原ピストル「石ころみたいにひとりぼっちで、命の底から駆け抜けるんだ」のカバーで、最後のメディア出演は8月24日放送のTBSラジオ「アフター6ジャンクション」における宇多丸(RHYMESTER)との電話対談だった。なおhy4_4yhは8月18日に結成15周年記念アルバム「十五執念漂流記」をリリースしている。

hy4_4yhのプロデューサー江崎マサルが死去…自宅療養中に急変、ワクチンは未接種 hy4_4yhのプロデューサー江崎マサルが死去…自宅療養中に急変、ワクチンは未接種 Reviewed by RichKid on 9月 06, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.