SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

大谷翔平の衝撃発言が全米に波紋 !契約延長交渉は現時点ではないah

 エンゼルスの大谷翔平が26日(日本時間27日)、今季の本拠地最終戦となるマリナーズ戦に「2番・投手」で出場、7回112球を投げ、5安打10奪三振1失点の好投を見せたが打線の援護がなく2桁勝利をマークすることができなかった。大谷は6回までマリナーズ打線に“ゼロ行進“させ1点のリードを守っていたが7回にジャレッド・ケルニックに同点アーチを浴びて降板。その後、チームは勝ち越しを許し1-5で敗れた。エンゼルスは6年連続で負け越しとなり、2014年以来、ポストシーズン進出とは無縁。米メディアは試合後に大谷が発した「チームは好きだがそれ以上に勝ちたい」「(契約延長の交渉は)現時点ではない」などのコメントを問題視し契約問題についてまで踏み込んだ。大谷は2年後のオフにFA権を行使できる。



「ファンも球団も好きだが、それ以上に勝ちたい」


本拠地最終戦の登板後に大谷が残した素直で辛辣な衝撃発言が波紋を広げた。地元紙のロサンゼルスタイムズ紙は「エンゼルスが警告を受ける…大谷が勝ちたいとハッキリさせた」との見出しを取り、“大谷発言“を大きく扱った。


記事は「ユニフォームを着た男たちは、毎年、負けることにもう懲り懲りで、そのことを口にすることにもはや尻込みしていない」とし、先週の22日、24日と、2度にわたってジョー・マドン監督が訴えた「エンゼルスは2人の一線級の先発投手を獲得する必要があり、さもなければ永久にこのままでいることになる」というコメントを紹介。25日(いずれも現地時間)には5月から故障離脱したマイク・トラウトが「エンゼルスには使うお金がたくさんある」「オフシーズンが重要になるだろう」と訴えたことを付け加え、「1-5で敗れたホーム最終戦の後に大谷が声を上げた。彼は今シーズンのエンゼルス、そして野球界全体の出来事として最高の結果を残したが、彼もまた負けることにうんざりしている」と続けて、以下の大谷の試合後コメントを引用した。



「私はチームが本当に好きです。ファンが大好きでチームの雰囲気が大好きです。しかし、それ以上に勝ちたいという気持ちが強いですし、それが選手として正しいと思っています」


2年後にFAとなる大谷が「チームに残留したいか?」と質問されたときの答えだ。ポストシーズン進出の可能性のあるチームへの移籍を考慮しているとも取れる衝撃発言だった。


記事は、大谷が今季のMVP候補であり、トラウトは、この8年間にMVPを3度受賞しながら、「2人はメジャーのプレーオフの試合で勝ったことがない」と皮肉り、エンゼルスが2014年以来、ポストシーズンに出場したことがなく、2015年以来、シーズンで勝ち越していないことを紹介。大谷の「非常に悔しいし残念です。最後にプレーオフに出ることをいつも楽しみにしています」という言葉を伝えた。



5月にアルバート・プホルスが放出され、トラウト、アンソニー・レンドン、ジャスティン・アプトンという3人の主力が負傷者リストでシーズンを終え、デビッド・フレッチャーの打順は9番に落ちたという今季のチーム状況を説明した上で「大谷の肩に重責がのしかかったが、この日曜日と夏の間すべてにおいて彼は気品と力強さを持って(その責務を)やり遂げた」と大谷の孤軍奮闘ぶりを記した。


また2年後のオフにFAとなる大谷がまだ契約延長交渉を受けていないことを明かしたことについても触れ、「トラウトは長期契約を結ぶことで2度、FA権を行使せずにチームに残留した。トラウトはFAの2年前に契約した。大谷は、2023年オフまでFAとならないが、この冬、同じように前もって彼と契約(延長)を試みるかもしれない」と推測。


そして「大谷はフェルナンド・タティスJr.(パドレス)より本塁打を打ち、マックス・フリード(ブレーブス)よりも三振を奪い、クレイトン・カーショー(ドジャース)よりも良い防御率を残している。大谷は、本塁打、三塁打、四球、盗塁数でリーグのトップ10に入っている。エンゼルスが、契約延長の価値を把握するためには、この前例のないシーズンの姿(二刀流)が続くのか、あるいはさらに良くなるのか、今シーズンほどではなくなるかもしれない部分は何かを判断することが求められる」との見解を伝えた。



早期の契約延長を決断するには、二刀流の今後の継続の見込みが重要な判断基準になるのではないかという意見だ。同紙によるとマドン監督は、「(彼の)努力は決して終わることはない。来年は、どのようになるのかについて考えをまとめるのは本当に難しい。健康であれば(今シーズンと)とても似たようなものになるだろう」との考えを口にしたという。


ただ重要なのは大谷自身の意思。同紙は、大谷の「チームが何も変わらなければプレーオフの争いに参加するのはかなり難しいと思う」という声を取り上げ、エンゼルスの本拠地最終戦のスタンドの半分は空席で、大谷を応援するサインボードと、「MVP」のコールだけが響いていたことを付け加えた。


スポーツ専門メディアのESPNも、「大谷が輝かしい投球をしながらもまた敗戦。エンゼルスでの将来について『勝ちたい』」との見出しを取り、大谷発言に注目。「大谷は、ア・リーグMVP受賞を確実なものにしたかもしれないが、チームは82度目の敗戦を喫し6年連続の負け越しとなった」と伝えた。



同メディアも、2023年オフにFAとなる大谷が、「エンゼルスに長期にわたってとどまりたいか?」と質問され、球団と契約延長の可能性についてまだ話し合っていないとした上で「ファンも球団自体の雰囲気も好き。ただそれ以上に勝ちたいという気持ちが強いですし、プレーヤーとしては、その方が正しいんじゃないかなと思っています」と発言したことに注目。「大谷は投打の両方で前例のない大きな貢献を果たしたにもかかわらず、エンゼルスは1試合平均の得点で17位、防御率は22位だった」と紹介した。


大谷が、契約延長の交渉をしていない点に注目したのは、人事や移籍問題などに詳しい専門サイトのMLB Trade Rumorsだ。



大谷やマドン監督、トラウトから出たチーム状況のコメントについて触れ、「大谷は、彼と彼の代理人がエンゼルスと契約延長についてまだ話し合いを始めていないとの興味深い詳細について言及した。大谷は2023年シーズンまでチームの管理下にあるため、エンゼルスは、まだ新しい契約を急ぐことはない。チームがシーズン中に交渉を行わないことも珍しくはない。しかし、大谷の将来を把握することは、エンゼルスにとって最重要事項である」と分析。


「大谷は29歳でFAとなる予定で、エンゼルスは30歳に向かっていくこれだけのユニークな才能に対し、どの程度の金額を払いたいかを見極めなければならない」とした上で「大谷が投手、打者との両方でどれだけプレーを続けられるかについては不確かなのかもしれず、もしかしたら大谷がもう1年、二刀流としてのプレーをどのように行えるか(もしくは行えないか)といったより多くの情報を得るため、チームは2022年シーズンの後まで契約延長の話し合いを控えるかもしれない。もしエンゼルスがこのオフに有力選手を獲得するために大金を費やすのであれば、すでにトラウトとレンドンで固められている年俸総額に、もう一つ先の10年を良くするための大型契約を加えることになるだろう」との見解を伝えた。



また同サイトは、大谷が今年2月に結んだ2年総額850万ドル(約9億4000万円)の契約を「低水準」と切り捨て、来年のオフに迎える年俸調停を「確実に論争となってくるかもしれない最後の年俸調停はとても興味深いものとなる。もちろん調停を避けるための契約延長はすべての状況を空論にさせることになるかも」と推測した。


大谷が年俸調停とFA権を得る前に、エンゼルスがトラウトのような大型延長契約を結べば、これらの問題はまとめて解決できることになる。

大谷翔平の衝撃発言が全米に波紋 !契約延長交渉は現時点ではないah 大谷翔平の衝撃発言が全米に波紋 !契約延長交渉は現時点ではないah Reviewed by RichKid on 9月 28, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.